吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

5月度は北区と合同支部会

2013.05.29 (Wed)
5月29日午後7時30分より社会福祉会館で、公明党上京支部の5月度定例支部会を開催。



今月は、北支部と合同の「ビクトリー支部会」として行ったところ、梅雨の雨模様にもかかわらず、200名分用意した資料が無くなるほどの大盛況となりました。

遠いところご参集いただいた北区・上京区の党員さんに、心より感謝申し上げます。

青年局のアピールは、上京支部男子青年局が研究発表。北支部は女子青年局の方がさわやかな歌声を披露。場内がうっとりしました。

北区・上京区1名ずつの活動報告の後、私から市会で奮闘した活動を報告。交通安全基本条例が制定されたことと、市民参加を促進する議会改革についてです。

1年越しで粘り強く推進した交通安全基本条例は、他のページでも詳しく紹介しているので割愛しますが、満場の参加者から大きな拍手を頂戴し、心の底から感動したことを報告させて頂きます。

また、2年前の市会議員選挙での公約でもあった議会活性化については、市会改革推進委員会の一員として積極的に発言し、他党の賛同を積み重ねた結果、議会基本条例の骨子案がまとまり、市民報告会も開催される運びとなりました。

これからのいっそうの前進をお誓いし、日置議員(北支部長)にバトンタッチ。



日置議員は、参議院選挙の意義や最新の諸課題について分かりやすく解説しました。まるで大学の講義を受講している錯覚に陥るほどの高尚かつ壮大な講演でした。凄かったです。

いよいよ、上半期の諸活動も第4コーナーを回るラストスパート。真剣の二字で頑張っていこうと決意し合えた支部会になりました。