吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

雨の結党記念日

2012.11.17 (Sat)
11月17日は、公明党の結党記念日。48年前のこの日に呱々の声をあげたのです。

“大衆と共に語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく”との結党精神をかみしめ、原点に回帰した決意で雨の中を駆け回りました。

河原町丸太町、新町今出川、鞍馬口駅前、千本寺之内、千本今出川の5ヶ所で、福祉・観光振興・まちづくり等の市政報告と日本再建への経済活性化策などについて、熱く語りました。手を振って頂いた皆さん、ありがとうございます!

途中、竹内ゆずる京都府本部代表(前衆議院議員)と合流し、出町商店街前でもマイクを握りました。

解散後にまっすぐに地元に駆け付けた竹内さんは、元気いっぱい。雨をものともせずに、迫力満点の口調で理路整然と語り、大きな拍手を受けておられました。凄かったです。

党利党略の劇場型政治ではなく、政策の中身が大事です。未来へのビジョンを明確に掲げ、どの党よりも迅速にマニフェストを発表した公明党こそ、沈没寸前の日本を再生すると確信することができました。

漂流しつつある日本の再建のため、活気ある京都の未来のため、現場第一で研鑽に励んでいこうと、改めて決意できた結党記念日でした。