吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

スポーツリエゾン京都

2012.10.29 (Mon)
10月29日午後3時30分より市役所F会議室で、スポーツリエゾン京都の会議が開催され、傍聴させていただきました。



正式名称は、京都市スポーツの絆が生きるまち推進会議。「リエゾン」とは、橋渡しや仲介という意味で、スポーツ活性化で人々の絆を深めるまちづくりを目指しています。

私たち公明党議員団が、昨年度の年間政策テーマとして研さんしたのが「スポーツ政策」です。本年3月には、その成果として「京都におけるスポーツ文化の振興に向けて」との政策提言を市長に提出した経緯がありますので、大きな関心を持って参加しました。

傍聴席には学生さんたち若い世代の方が多くおられ、関心の高さに感動しました。心強いです。

こんな席に議員がいることは、担当者の方々にとってはやりにくいかもしれませんが、大事なテーマですので、あつかましく座ってました。まっ、えーんちゃいます~?

内容は、京都市の長期プランの検証や京都マラソンに関するアンケート調査の報告、京都サンガFCが推進する地域密着の試み「つながり隊」などなど、盛りだくさんの内容で、本当に勉強になりました。

書類に記載の数字だけでは、全体像は分かりません。人と会い、様々な話をお聞きすることが、政策を立案し推進する上で大事であると、改めて痛感しました。

現場第一主義で研さんを重ねていこうと決意。頑張ります!