吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

倭国大王列伝(3)

2021.01.04 (Mon)
3.ミマキイリヒコ(崇神天皇) 

 九州から東征し、ヤマト(大和)に王権を開いたカムヤマトイワレヒコ(神武)から10代目の大王であるミマキイリヒコ(崇神)は、記紀をはじめ我が国の歴史書において時代を画する多大な業績を挙げたと伝えられている。

 1つは、疫病で国民の過半が失われる試練を克服したこと。2つは、王権の危機ともいえる強大な反乱を鎮圧したこと。3つは、いわゆる「四道将軍」を北陸道・東海道・山陽道・山陰道に派遣したこと。4つ目は出雲国を平定し勢力下に置いたこと。5つ目は戸口調査で農業を振興し「御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)」と称えられたこと。6つ目は灌漑など大型の事業に成功し国家の安定に尽力したこと。そして7つ目には任那や新羅との交流が始まったとされる点である。 
 
 記紀では、2代から9代までの大王の事跡に関する記述がほとんど無く、特に日本書記では第7巻に一括で収録されている(いわうる欠史八代)ことを踏まえると、第8巻に記載された崇神に多くの偉大な業績が集中していることに対して、近代合理主義的観点から疑いの目を向けられ、非実在説が主流になっている。神武と同じ称号(ハツクニシラス)を捧げられたことも、その根拠となっている。しかし、文献学的および考古学的に検証した結果として、全くの虚像(フィクション)と決めつけるのは妥当ではなく、長い年月の風雪に耐えて伝承されていた実像(歴史的事実)の痕跡が垣間見えるのではないか。この点を考察したい。

【考察1】血統
 伝承として神武から10代目の大王と記憶されていた。ヒコクニオシヒト(6代孝安)から書記が編纂された当時の朝廷に仕える豪族の遠祖が登場するが、これは以降の直系や傍系の王子の名前に「ヒコ〇〇」と付くことからも信憑するに足ると思われる。同時に、吉備氏や毛野氏などの地方王権や和珥氏、丹波道主などの朝廷と連携した主要豪族の系図を皇統に組み込んだ痕跡と推察される。(ただし、代数や名前は正確ではなく後世に造作されたものであることは、多くの歴史家の洞察の通りと思われる) 

 ヒコオオビビ(9代開化)の嫡子である崇神は、畿内北部に広大な勢力を持つ息長氏の祖ヒコイマス(彦坐)の異母兄弟であり、同時に蘇我氏などの祖である武内宿禰の祖父ヒコフツオシノマコト(彦太忍信)の異父兄と伝承される。この時代までの先行豪族勢力の血統を集約するとともに、のちの時代に活躍する豪族の元祖的存在と位置付けられている。息長氏はオキナガタラシヒメ(神功皇后)の出自であり、その権力を支えた長寿の臣下が武内宿禰である。

【考察2】疫病 
 即位5年目に疫病が流行して人口の半ばが失われるパンデミックに直面。2年後に、ヒコクニクル(8代孝元)の妹ヤマトトトヒモモソヒメ(倭迹迹日百襲姫)に大物主神が憑依して託宣され、そのとおりに対策を打って疫病が終息し五穀豊穣となった。百襲姫を祀る箸墓古墳は最古の前方後円墳で、最新の考古学知見では3世紀中半~4世紀初頭の頃と推定される(魏志倭人伝の卑弥呼とほぼ同時期)。したがって、その2世代後の崇神は4世紀初期から中期頃の治世と推定される。

 邪馬台国畿内説に立てば、神を祀る巫女である百襲姫が女王卑弥呼に比定されるが、この前の70~80年間の「倭国大乱」が記紀には全く描かれていない(欠史八代)のが弱点である。また、纏向遺跡が倭人伝に詳しく記載されている「環濠集落」ではないことも大きい。崇神の2代後の景行時代から本格化する「熊襲征伐」伝承や6世紀の「磐井の乱」に比定される古墳の発掘成果を分析すると、邪馬台国九州説の可能性が高いのではないだろうか。

【考察3】四道将軍 
 即位10年、四道将軍を派遣したと伝わる。大彦命(9代ヒコオオビビ=開化の第1皇子)を北陸道に、武渟川別(大彦の息子で阿倍氏の祖)を東海道に、吉備津彦(7代ヒコフトニ=孝霊の皇子とされる)を西道(山陽道)に、丹波道主(開化の皇子とされる彦坐の子)を山陰道に将軍として遣わした。その直前、タケハニヤスビコ(武埴安彦=8代孝元の皇子)が謀反。北方の山背(京都府)と西方の大坂から都を挟撃されるも、吉備津彦命と大彦命、ヒコクニブク(彦国葺=和珥氏の祖)の活躍で叛乱は終息。四道将軍は翌年に戎夷を従わせたという。 
 
 これほど早期に成功した要因は、四道将軍の派遣が軍事侵攻ではなく、疫病に苦しむ地方を救援するための「応援部隊」だったからであると推定したい。重病者の救護や隔離、軽症者の治療や介護、食糧など生活必需品の提供、荒廃した村落の復旧作業(消毒・耕作地整理など)や労働力補充を含めた、多角的な救援活動を展開して、本州の各地域の立て直しに貢献した。このことが倭国統一への足掛かりを構築したと後世の歴史書(記紀以前の国記・天皇記や帝紀・旧辞などを含む)で綴られたのではないだろうか。 
 
【考察4】「御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)」の称号  
 疫病や反乱という危機的状況を克服した倭王権に各地の王権が心服し、吉備や丹波などを含む連合王権の盟主となった。吉備津彦や丹波道主などが皇統に組み込まれたのは、血族の盃のような盟約を交わした痕跡なのかもしれない。その後、戸口を調査して初めて課役を科す事業を成就するとともに、大規模な灌漑事業を行って農業を振興した。これらの業績で「御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)」と称えられたと伝わる。九州や出雲という並列する王権を圧倒する実力を名実ともに身につけた治世であった。

 なお、倭国よりも中国に近接している韓半島では、魏志韓伝で馬韓と辰韓と呼ばれた地域がそれぞれ統一されて、その後の正史で百済と新羅という王朝国家が成立している。この地殻変動と軌を同じくして、崇神が率いる倭王権の統一事業も4世紀半ばに本格化したと思われる。
 
【考察5】出雲平定 
 武埴安彦との戦いや四道将軍の活躍で勢力を拡大した倭王権は、素戔嗚時代から文明伝播の象徴であり内政と外交をリードしてきた出雲に謀略を仕掛ける。新宝を献上させる命を下し、これに対する出雲振根(いずものふるね)と弟の飯入根(いいいりね)の紛争への介入を口実に、吉備ら近在の勢力と合力して武力侵攻。長年の国家的課題であった旧宗主国出雲を完全に支配下に置くことに成功した。覇者交代を象徴する大事件であり、天孫族の直系たる九州倭国(ヤマトからは熊襲と蔑称される)を侵攻する決意を固める契機となった。

 後世から「熊襲征伐」と呼ばれる九州侵攻は、崇神の孫オオタラシヒコ(12代景行)からヤマトタケル(日本武尊)を経て、その子タラシナカツヒコ(14代仲哀)までの3世代にわたる長期戦であり、仲哀が討ち死にしていることからも相当な乱戦であったと推定される。  

【考察6】韓半島と本格外交 
 出雲平定の成果として韓半島との本格外交が始まった。任那が使者として遣わしてきた蘇那曷叱知(そなかしち)は崇神大王の死後も在日し、次のイクメイリヒコ(11代垂仁)の即位2年に任那へ帰国したが、その際に倭国からの交易品を新羅に奪われたといい、任那と新羅の抗争はここから始まると記述されている。

 垂仁期の記述には帰国の際に垂仁が任那の国名を父ミマキイリヒコの名に因んで命名したとの説や、新羅から渡来したアマノヒボコ(天日槍)の末裔タジマモリの常世国のエピソードが収録されている。古代の大きな転換期にヤマトを治めた神功皇后という偉大な指導者(かつ巫女)の系譜を組み込んだ影響と考察したい。

 神功皇后の摂政としての治世と、その後継ホンダワケ(15代応神)が君臨した時代は、おそらく任那の鉄を守るために韓半島で激化した戦乱に本格介入した「三韓征伐」に適合する。この戦争は、金石文として史料価値の高い「好太王碑」において、倭国が391年に百済や任那に軍事侵攻して従属させたが、高句麗が激戦の末に打ち破って404年に撤退させたと謳いあげられている。

 河内に世界最大規模の王墓(応神天皇陵や仁徳天皇陵)を築いた応神の権力掌握の経緯や、曽孫にあたるワカタケル(21代雄略)の絶頂期と急激な衰退、越の国から応神5世の孫の名目で乗り込んで輿入れしたヲオド(26代継体)の列島を横断する壮大な興亡については、研鑽を深める時間を確保して取りまとめて、『続・倭国大王列伝』として後日に掲載したい。ご了承をお願いする次第である。

倭国大王列伝(2)

2021.01.04 (Mon)
2.カムヤマトイワレヒコ(神武天皇) 
 
 天孫のニニギ(天津彦彦火瓊瓊杵)が筑紫に降臨し、その孫にあたるウガヤフキアエズ(鸕鶿草葺不合)の末子(天照の5世の孫)であるヒコホホデミ(彦火火出見)が、日向の高千穂で兄の五瀬(イツセ)らに対し東方への遠征を提案。有名な「神武東征」である。軍勢を率いて日向から豊国の宇佐に着いた後、筑紫の岡田宮で1年、さらに阿岐国の多祁理宮(たけりのみや)で7年、吉備国の高島宮で8年過ごしたという。
 
 浪速の白肩津で迎え撃ったトミノナガスネビコ(登美能那賀須泥毘古)の軍勢と交戦。イツセの負傷(その後死亡)など打撃を蒙って撤退し、紀伊半島を迂回して熊野から上陸。八咫烏の協力を得た行軍は険悪な山道のため苦難を極めたが、地域に盤踞する豪族との戦いを重ねる中で勢力を拡大し、遂にナガスネビコとの決戦を制した。

ニギハヤヒ(饒速日)を奉ずる地元豪族を調略して婚姻関係を結び、畝傍の橿原宮で即位。ヒコホホデミはカムヤマトイワレヒコと諡(おくりな)された。(のちに奈良時代の淡海三船が「神武天皇」などの漢風諡号を一括で追贈する) 神武がヤマト王権の初代大王となった事跡を検証し、歴史事実の反映をあぶり出してみたい。 

【考察1】出立の地 
 天孫のニニギが筑紫に降臨して以降は、次の世代の海幸彦山幸彦の神話や、孫の世代のウガヤフキアエズとワダツミ(海神)の娘との婚姻神話が綴られている。天孫勢力(ウガヤ王朝との伝承もある)が九州地方の主力であった海人族と外交を重ねて覇権を確立した経緯の痕跡ではないかと考察したい。高天原から降臨した地が出雲ではなく筑紫であることは、大国が天国(天照の勢力)に筑紫島(九州)を割譲したのではないかと思われる。

 日向(宮崎県)にも多くの古墳が残るが、地政学的に九州の中心地である筑紫や有力国である火(肥=佐賀・長崎・熊本県)や豊(福岡・大分県)から見て周辺の地であり、そこから出発したとされるヒコホホデミらは正統な王権(ウガヤ王朝)の傍流であったと推定される。

【考察2】東征の大義名分  
 東征の理由には、幾つかの想定が考えられる。後漢書や魏志倭人伝に「倭国大乱」とある動乱期に、邪馬台国連合の混乱とそれに乗ずる狗奴国(くぬこく?=熊襲)の侵攻によって危殆に瀕した日向が瀬戸内海を東進したのではないか。あるいは、大乱のさ中に戦略の一環として王族のヒコホホデミにウガヤ王朝の中枢から指令が下され、倭国に非協力的な勢力(ニギハヤヒを奉ずる畿内エリア)を服属させる軍事侵攻であった可能性もある。この推理は、九州の窓口(宇佐)や瀬戸内海の王権(阿岐や吉備)では戦闘が無く、軍備を整えていることからも伺える。もう1つの仮説は、筑紫や宇佐、安芸や吉備という製鉄の地域が漸進的に勢力を東に延伸していったプロセスが伝承され、それが記記に収録されていったとも考えられる。

【考察3】戦闘経過 
 記紀には神武東征の経緯がドラマチックに描かれている。ヒコホホデミ軍が浪速(波が困難な地=難波)に侵攻して河内湾から上陸した際に草香邑(東大阪市)の孔舎衛坂でナガスネビコに迎撃され、長兄イツセが流れ矢にあたって負傷した。日の神の子孫の自分たちが日に向かって戦うことは天の意思に逆らうと悟り、軍勢は海路南へと向かった。イツセは茅渟(和歌山市近辺)で亡くなり、船は熊野付近で大嵐にさらされる。次兄と三兄が自らを犠牲にして波浪を収めたが船が大破し、止むを得ず熊野から上陸したものの、毒気(疲労や土地の衆の提供した丹か?)を受け軍衆が倒れる。

 そこへ熊野高倉下が現れ、天神から授かった神剣韴霊(ふつのみたま)を奉ることで気を取り戻して進軍を再開。天照大神が八咫烏を遣わしたとの神意を旗印に宇陀地域や磯城地域に到達し、武力と調略を駆使して豪族を恭順させる。最終決戦では、王権の証である神器を見せつけることでニギハヤヒの名のもとでナガスネビコを誅殺。ヤマト(大和)地方の支配権を簒奪した。

【考察4】戦後処理 
 事代主神の娘(現地の最高権力者の一族)ヒメタタライスケヨリヒメ(媛蹈鞴五十鈴媛)を正妃とした。道臣命や大来目らの子飼いに領地を封ずるとともに、侵攻時に協力した現地の豪族らに本領を安堵。ヒメタタライスケヨリヒメを迎えるにあたり大来目の入れ墨(魏志倭人伝で克明に記述される風習)に困惑したとのエピソードも残されている。
  
 その死後に、九州時代に儲けた長子タギシミミと地元のヒメタタライスケヨリヒメ所生の王子との後継者争いが勃発し、カムヌナカワミミ(神渟名川耳=第2代綏靖)が勝利して即位した。母系社会の視点から考察すると、筑紫から来襲したヒコホホデミ(イワレヒコ=初代神武)の血筋を受け入れた上で、従来のニギハヤヒ系統と習合したと言えるのではないか。

 カムヤマトイワレヒコとの諡号は、前方後円墳発祥の地とされる纏向遺跡を擁するヤマト(奈良県)を都と定め、倭王権を創始した「謂れ」を物語る。初代大王である神武は、始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称えられて後代に伝承された。なお、「ヤマト」の名称は九州の倭人連合の首都「邪馬台国」(山戸郡か?)を襲名したと考えられる。 

倭国大王列伝(1)

2021.01.04 (Mon)
はじめに
  
 昨年(2020年)は、日本最古の正史「日本書紀」が養老4年(720年)に完成して1,300年にあたっていた。コロナ禍で式典や地域行事、シンポジウムなど各種イベントが中止となる中、時間の合間を利用して古代史の関連書籍を紐解く機会があった。令和新時代を切り開きゆくためにも、透徹した歴史観を養う意義は大きいとの想いで研鑽を重ねたところ、いくつかの望外の発見があった。古代史を彩る大王の列伝という形式で考察したので、心ある読者の叱声を求めたいと思う。
 
 2020年のお盆休みに『国主諫暁についての一考察』(未完)を発表したが、今回のお正月休みの文章は『倭国大王列伝』と銘打っている。独りよがりの考察ではあるが、知的刺激は少なくないと思うので歴史に関心ある方に読んでいただけたら幸いである。なお、長くなるので数回に分割してアップすることをご了承願いたい。

**************************************************

1.オオクニヌシ(大国主命)

 出雲神話(因幡の白兎、八十神の迫害、根の国訪問、大国主の妻問い)の主人公であるオオクニヌシ(大国主命)は、日本書記や古事記(記紀という)および新撰姓氏録などによると、スサノオ(素戔嗚)の六世の孫であるが、同時に嫡子とする伝承もある。 

 スクナビコナ(少彦名)と協力して天下を治め、禁厭(まじない)や医薬などの道を教え、大物主神(おおものぬしかみ)を祀ることによって葦原中国(あしはらのなかつくに)の国作りを完成させたとされている。文字通り「大国の主」として君臨していたが、高天原の使者と交渉し国譲りを承諾し、その結果としてアマテラス(天照)を奉ずる勢力(天孫)が筑紫に降臨した。

 これらの神話(伝承)は全くの虚構ではなく、人々に語り継がれた歴史事実の反映ではないだろうか。その立場からわが国の創世記を復元してみたい。

【考察1】 日本人のルーツ 
 魏志倭人伝をはじめとする中国の歴史書の記述から、春秋時代後期の呉と越(呉越同舟や臥薪嘗胆のエピソードが史記に語られている)が滅亡した際に、その末裔が列島に渡来して稲作や製鉄などの最新文明を伝えた痕跡が伺える。鉄器は農機具や灌漑用具であるとともに武器になる。邑がクニに発展する過程で、権力の魔性に魅入られた攻防戦が繰り広げられ、それに伴って科学技術の進展が飛躍していった。

 周代に交易に訪れた(朝貢)と記録されていることから、倭人が現在の朝鮮半島南部にも居住していた可能性が高い。新羅の第4代王(脱解尼師今)が倭国東北一千里にある多婆那国(但馬・丹波地域に比定)から流れてきた卵から生まれたと三国史記が伝えていることや、倭人伝に1年の航海で裸国や黒歯国に至ると記されている事実からも、現代の我々が想像する以上にダイナミックな交流が繰り返されていたと推定される。 

 倭人伝に「倭の北岸」と記載されている狗邪韓国は、同じ魏志の韓伝に記載されている弁辰狗邪国と同じ国で、倭と韓が同時に領有権を主張していた(21世紀の現代と同じように)と思われる。この地は鉄を産出することで大いに栄え、そのために韓半島の主要国(百済や新羅)と対岸の倭国(対馬・壱岐・九州)がせめぎ合う攻防の焦点になっていた。これが高天原(狗邪=伽耶)で素戔嗚が暴虐行為をした伝説の原型と思われる。

 倭人の本拠である伽耶の天照と、中国の後裔の伝説を持ち倭人と関係が深い新羅の素戔嗚は、長年の恩讐を踏まえて交渉を重ね「姉弟」の盟約を結んだ。素戔嗚が数代早い時期に日本海岸(出雲・但馬・丹波・越)に着き、在地勢力と硬軟あわせた交渉の結果、権力者として代々治めていた。これが「姉弟」なのに数代の誤差(素戔嗚6代のオオクニヌシと天照の孫ニニギの天孫降臨伝承)がある理由ではないだろうか。 

【考察2】出雲が列島の中心
 古来10月は「神無月」と言われ、諸国の神々が出雲に参集するとされた。江戸期の参勤交代のような統治システムが想起される。同時に、出雲のみ「神在月」と言っていたとの伝承は、出雲が豊葦原中国の中心であり、文明の窓口であった事実の反映と思われる。
 
 製鉄や治水、灌漑、物流などの起点である出雲が各地域との交流を重ねる中で大八島(葦原中国)の盟主となり「大国」が形成された。多彩な出雲神話の数々は1人の人格の業績ではなく、複数の歴代大国主の事跡を集積したものである可能性を指摘したい。多くの別称や多妻の伝承は、その名残であると考察する。
 
【考察3】国譲りの真相
 記紀には国譲りが段階を踏んで進められた挿話が記述されている。高天原の列島への進出に際しては、アメノホヒ(天穂日)を先発として派遣したが成功しなかった。次にアメノワカヒコ(天稚彦)が婿入りしたが進展せず、疑心暗鬼となった上層部に暗殺される。ところが、高天原の葬儀に弔問で訪れたアジスキタカヒコネ(味耜高彦根=大国主の皇太子)がトラブルに巻き込まれ、国を揺るがす紛争に発展する。

 そして、これを口実として経津主神(磐筒女神の子、下総国香取の神)と武甕槌神(甕速日神の子、常陸国鹿島の神)が軍隊を率いて強引に交渉し、大筋で妥結するも建御名方が抵抗して武力衝突。敗走した建御名方は科野(信濃)国で降伏したという。それほどの大規模な戦いであったと思われる。しかし記紀によれば、出雲はその後も数百年もの間、一定の勢力を保ち独立国として存続したことが記紀の伝承から推察される。(第10代崇神の回で後述) 

NHKスペシャルと記憶するが、出雲大社は現存に倍する高層建築だったと分析する番組があった。そこで、高層の社が「灯台」の役割を果たしていたと言及されており、大いに首肯したところである。出雲の王権は荒神谷遺跡から大量の銅剣や銅鐸が出土しており、たたら製鉄の伝承も多いことからも、古代倭国の中心地であったことは間違いない。その大王である大国主に慎重かつ大胆に外交を展開した「天孫族=天国」が、のちに九州を本拠として韓半島や中国の王朝と渡り合ったと思われる。  
 | HOME |