吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

2019年10大ニュース

2019.12.31 (Tue)
2019年は激動の1年でした。令和新時代、ますます飛躍するとの決意を込め、年末恒例の10大ニュースをご報告させて頂きます。

1.伏見区で2回目の市会議員当選
・・・・4月8日の京都市会議員選挙で、伏見区で2回目(通算4回目)の当選を勝ち取ることができました。多くの支援者の皆さんに支えて頂いた選挙戦。感動の連続の日々となり、ホンマに幸せ者だと実感。爽やか訪問や定時定点の街頭演説、地域行事へのこまめな参加など、地道な活動が実を結びました。ご恩返しのために全力で頑張ってまいります。

190401雨の醍醐和泉地区
 
2.参議院選大勝利
・・・・7月の参議院選挙はかつてない大激戦。逆風が吹く厳しい選挙戦でしたが、党員・支持者の皆さんの身を削るような激闘のおかげをもって、公明党は比例区7議席、選挙区も7議席と、目標を突破することができました。特に兵庫選挙区は不可能を可能とする奇蹟の逆転勝利。この意義は今後いっそう輝きを増すことでしょう。

3.府本部団体労働局長に就任
・・・・5月の府本部議員総会で、公明党京都府本部副幹事長の大任を拝しました。内局人事では、文化教育局長から団体労働局長に移行。9月の各土曜日は府内の各種業界団体の方々との「令和2年度予算・税制ならびに政策懇談会」の準備と運営の責任者として奮闘しました。大変に勉強になりました。今後に活かしていこうと決意しています。
 
4.政策提言が次々と実現
・・・・昨年5月市会本会議代表質問で提案した「子ども医療費支援拡充」と「ヘルプカード」が10月から実現。昨年1月に門川市長に提出した「自転車教育提言」で提起した中学校教育の改革も今年の4月からスタートしています。これからも、市民の生の声を具体的なカタチにする“現場第一主義”で市民目線の政策を提案してまいります。

ヘルプカード

5.教育負担軽減が大きく前進
・・・・春から夏にかけての国会で法案が成立し、10月から「幼児教育の保育料無償化」や「私立高校授業料減免」など、公明党がマニフェストで約束した教育負担軽減が実現しました。少子高齢化社会の全世代型社会保障のため導入した消費税を財源とした政策。全国で展開した訪問調査活動でも、高い評価を受けるとともに、今後の課題も積極的に求めました。

6.本会議代表質問で共生社会を論ず
・・・・市長選挙直前の議会で大きな注目を集めたのが、12月4日の本会議代表質問。私は公明党議員団代表幹事として、門川市政3期12年の総括と展望を質した後、誰ひとり取り残さない共生社会に向けた議論を展開。困窮家庭の子どもの学習支援、高齢者など交通弱者の移動支援、外国人と共生する日本語教育充実を取り上げ、前向きな答弁を勝ち取りました。

191204代表質問
 
7.交通安全条例を議員提案で改正
・・・・文化環境委員会に所属し、温暖化対策やゴミ減量、文化芸術振興、交通安全、人権問題など重要政策を担当。毎回の委員会で「LGBT」「美化啓発活動」「プラごみ問題」「おくやみ窓口」などを議論し、「京響コンサート障がい者割引」などを実現しました。12月は議員提案で「交通安全基本条例」改正も推進。議会改革の大きな前進です。

8.他都市調査などで研鑽
・・・・貪欲に先進事例を学びました。五大市政策研究会では大阪城公園の民間活力を見学。他都市調査では、議員団で「外国人との共生」をテーマに横浜市と埼玉県川口市へ。市会常任委員会で東京都美術館・長野県ゴミ減量・新潟県三条市バイオマス発電所を訪問。市会運営委員会で柏市・さいたま市・立川市・横浜市の議会改革を研鑽しました。

1911議員団出張2横浜集合
 
9.京アニ事件で地域に寄り添う
・・・・地元桃山地域で前代未聞の大事件が発生しました。7月に京都アニメーションへの放火殺人事件で30名以上の尊い人命が失われたのです。私は現場に駆け付け情報収集にあたりましたが、その日から地元住民の皆さんに寄り添って、メディアスクラムや野次馬からの被害の軽減など切実な声を届け、行政と力を合わせて尽力させて頂きました。

10.実母が生命の危機から生還しました!
・・・・最後はプライベートです。4月に87歳の実母が倒れ緊急入院し、GW中は家族が交代で病院に詰めるスクランブルを余儀なくされました。一時は覚悟を決めましたが、せめて苦悶を続ける状態を克服して安らかに逝ってほしいと祈っていたところ、なんと生死の境から脱却して病状を回復。秋からは完全介護の穏やかな余生を送っています。信仰の力は凄いですね!
 
母とのツーショット
 
以上です。2020年はますます激しい年になりそうな予感。わくわくします。頑張ります。なお、ご参考までに下記に昨年までの10大ニュースを掲載します。

2018年の10大ニュース
・公明党京都市会議員団代表幹事に!
・「自転車教育提言」を門川市長に提出
・本会議代表質問で大きな成果
・民泊問題の集中審議で討論
・100万人訪問対話活動で区内を縦横無尽にダッシュ
・大阪府北部地震等への緊急要望を提出
・議員団政策提言「SDGs」を提出
・安心安全の街づくりに貢献
・世界歴史都市会議でトルコ共和国へ出張
・京都府知事選で大勝利!

2017年の10大ニュース
・雑誌「パーキングプレス」の巻頭対談&表紙に!
・全国自転車議連の理事に就任
・公明党議員団副団長に 
・教育福祉委員として積極的に議論
・すべての選挙に大勝利
・爽やか訪問活動にダッシュ
・現地現場主義で全国を縦断
・文化振興の政策提言を市長に提出
・安心安全の街づくりに貢献
・劇場やDVDで多くの名作を鑑賞

2016年の10大ニュース
・参院選挙大勝利
・門川市長大勝利
・議会質問が次々と結実
・予算・決算委員会の副委員長として奮闘
・他都市調査で先進事例を学ぶ
・草の根ミーティング大成功
・文化フォーラム大成功
・吉田通信大判ハガキ発行
・自転車専門雑誌に原稿が掲載
・映画やドラマの傑作を堪能しました!

2015年の10大ニュース
・京都市会議員3期目の当選!
・本会議代表質問で大きな成果
・市会改革推進委員会副委員長として奮闘
・公明党本部の公式HPから取材されました
・五大政令市政策研究会で2年連続研究発表
・文化教育局長に就任
・平和安全法制で論陣を張りました
・動物マナー条例制定の渦中で大混乱
・自転車政策が大きく前進
・交通事故に遭うも大過なく済みました

2014年の10大ニュース
・衆院選挙が大勝利
・伏見区の市会議員候補として公認
・門川市長に政策提言
・海外行政調査レポート完成
・市会経済総務委員会副委員長として奮闘
・舞鶴市議選の応援
・都市油田発掘PJが実用化
・五大市政策研究会で発表
・弁護士会の勉強会で講師に
・三人娘が大きく成長!

2013年10大ニュース
・交通安全基本条例を議員提案
・空き家対策条例が制定
・海外視察
・市民相談4,000件突破
・参院選大勝利
・議会改革に先駆
・SNSを本格的に開始しました
・歯を抜きました
・あまちゃんとはらちゃん
・鬼のかく乱で寝込みました

2012年10大ニュース
・50歳になりました!
・衆議院議員選挙で公明党が大躍進
・京都市長選挙で門川大作氏が2期目の当選
・2つ目のオリジナル条例「京都市ひとり親家庭支援センター条例」成立
・議会質問が次々と実現
・政策提言「京都市まちなか自転車走行環境提案書」を提出
・上京街かどセミナーを2回開催し大成功
・東京で開催の自転車まちづくりフォーラムで講演
・自転車活用研究会、宅建協会、成逸女性会などで講演
・右ひざを痛めました

2011年10大ニュース
・4月10日の市会議員選挙に2期目の当選
・交通水道消防委員会の委員長に就任
・市会改革推進委員会に選任されるも、少数会派の影響により辞任
・宮城県に2度出張し、被災地の現状を目の当たりに
・7月24日開催の上京街かどセミナーに226名の参加で大成功
・地域科学研究会主催のセミナーに講師として2度の講演
・不動産政治連盟勉強会や朱雀ライオンズクラブで講演
・10を超える他都市からの行政視察を受け入れ
・自転車安心安全条例の書籍を出版
・母が心臓弁膜症の移植手術

2010年10大ニュース
・自転車安心安全条例が可決
・子宮頸ワクチン・ヒブワクチン等の公費助成が正式決定
・議会で主張した「駅ナカビジネス」が大きく前進
・議会で主張した「パークアンドライド」「レアメタル回収」がいっそう充実
・議会で提言した「3人乗り自転車レンタル」「婚活」等の施策が実現
・総点検本部運動で、介護総点検・子育て総点検・商店街総点検を実施
・五大都市政策研究会で京都市を代表し、「自殺対策の成果と課題」をプレゼン
・上京街かどセミナーが大成功
・知事選、参院選で奮闘
・過労で少し体調を崩しました(口唇ヘルペス、帯状発疹、結膜炎など)  
 | HOME |