吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

フルコースの1日

2013.04.30 (Tue)
4月30日は終日フル回転でした。というより、いろんな活動を凝縮した“フルコース”のような1日になりました。

午前中は企業・団体訪問を終え、市民相談の現地調査。現場を見て市民の方の声をお聞きすることが大事ですよね!

午後からは翔鸞学区をさわやか訪問。雨がやんだので助かりました。日頃の行いが良いからかな?

湿気があるため、汗だくになりましたけど、充実の対話を重ねることができました。

そして夜は、春日学区で壮年版草の根ミーティング。貴重なご意見をお聞きでき、本当に良かったです。

終了後に、運営責任者の方からお電話があり、「今日は開催して良かったです」と言って下さいました。いやー、嬉しいですなぁ~!

心身共にお腹一杯の気分です、はい。(画像を撮れなかったのが残念です・・・・)

もう1つ、嬉しい連絡が入ったことも報告します。

明日(5月1日)付の公明新聞に、私の実績記事が掲載されることになったのです。

4月20日付にも訪問アンケート活動の模様が掲載されたばかりなのですが、画期的な実績ということで、載せていただくとのこと。

内容は、明日付のブログでご紹介します。公明新聞ご購読の方は明日の朝をお楽しみに!

山本かなえ議員の街頭活動

2013.04.29 (Mon)
4月29日午後から、山本かなえ参議院議員の街頭活動に合流しました。



青年局が主催された歌あり演奏ありの斬新な企画で、京都駅前と三条河原町交差点は、大いに盛り上がりました。

周辺の店舗に「大きなマイクでお騒がせしました」と挨拶に回ったのですが、街頭活動した政党関係者が来ることが珍しいようで、皆さんビックリしておられました。「歌が流れてきて驚きました」との声も。

山本かなえさんは、通学路や学校耐震化とともに、避難所運営計画に女性の視点を重視する取り組みを、地方議員とスクラムを組んで推進し、大きな成果を上げてこられました。

エネルギッシュで柔軟な発想は、ますます磨きがかかっています。青年層に大きくアピールした街頭活動になったと確信します。

公明党の先頭に立って奮闘する山本かなえさんと、草の根ネットワークで頑張ってまいります!

交通安全啓発活動

2013.04.29 (Mon)
4月29日午前11時より北野天満宮前で、重度障害者通所介護施設じゅらくと朱雀ライオンズクラブの皆さん、上京交通安全連合会がタイアップして実施された交通安全啓発活動に参加しました。



上京警察前での開会式では、豊田上京区長と前田上京警察署長も駆けつけ、じゅらくの久門署長と共にスピーチ。

晴天に恵まれて、30名以上の参加者が天満宮前の交差点に分かれてポケットティッシュなどを配りました。

多くの市民の皆さんに声をかけましたが、もれなく快くチィッシュを受け取って頂いたので、あっという間に受け持ち分が無くなり、後半は安全プレートを掲げての声かけ運動に頑張りました。

重度障害者の皆さんも意欲的に声をかけておられました。善意の波動が広がりゆく事を実感。大事ですよね。

交通安全への意識向上が大事だと、改めて痛感できました。地域貢献に汗を流す方々に、心から敬意を表します。

熱帯動物館オープン式典

2013.04.27 (Sat)
4月27日12時から挙行された京都市動物園「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」のオープン式典に参加しました。



これは、京都市動物園構想の第4弾として充実したもので、哺乳類・両生類・は虫類がバランス良く展示されています。



素晴らしい晴天のもとでのテープカットとなり、本当に良かったです。



くらし環境委員会所属の大道副委員長(南区)と久保委員(山科区)とともに、内覧会でじっくりと視察させていただいた後、園内の各動物を一巡。

これからの一層の充実が進む手ごたえを感じました。GW初日ということもあり、たくさんの家族連れで賑わっていました。笑顔がまぶしかったです。

京都市活性化のため、研さんを重ねて建設的な議論を展開しゆくことを、改めて決意しました。

出水学区壮年ミーティング

2013.04.26 (Fri)
4月26日夜に開催された出水学区壮年草の根ミーティングは、20名近い男性(おっちゃんたち)がご参集くださり、活発に意見交換できました。ありがとうございます!

経済問題、福祉問題、平和の問題などなど、庶民の生の声をお聞きでき、こんな幸せなことはありません。

地域に根を張った草の根ネットワークで、コツコツと政策を実現していくことが、公明党の使命であると確信できました。

頑張りまっせ~っ!

日中は議員団室で電話当番。急きょ他の議員さんからの依頼で交代したのです。政務活動費(25年度分)のまとめ作業や議員団HP更新作業、5月議会に向けた政策提案の煮つめなど、充実した仕事が出来ました。

市役所の近くの書店で書籍も購入。松元雅和「平和主義とは何か」(中公新書)と飯尾潤「現代日本の政策体系」(ちくま新書)の2冊です。

各種行事や訪問対話活動、草の根ミーティングなど多忙を極めますが、時間をこじ開けて研さんしていこうと思います。

4月度党支部会

2013.04.24 (Wed)
4月24日夜7時より西陣織会館6階展示場で、4月度公明党上京支部会を開催しました。



あいにくの雨模様にもかかわらず、たくさんの党員さんにご参集いただきました。先月よりも10名以上多かったです。心より御礼申し上げます。

青年局の研究発表や女性フォーラム参加者の感想発表、アンケート活動に奮闘された代表の方の活動報告など、多種多彩な内容で大いに盛り上がりました。

機関紙推進委員長から、目標を大きく上回る成果が発表され、場内は笑顔の花が満開です。

私は、吉田通信23号を手に市政報告。コツコツを地域を歩いて頂戴した“生の声”をもとに提言して実現した身近な実績を紹介。

経済回復の兆しがニュースをにぎわせていますが、市民の実感はまだまだ。地域に根を張った草の根ネットワークを張り巡らせ、希望を持って前進する手ごたえを積み重ねていくことが大事です。

清潔で誠実な活動を展開し、公明党らしく地道に前進することを決意し合った支部会となりました。

終了後に、「今回の吉田通信スゴいわかりやすいでぇ~!」と励ましの声をかけて頂き、疲れも吹き飛びました。

また、たくさんの市民相談も寄せられました。ご信頼とご期待をかけて頂いている証です。ありがたいです。

毎回の定例支部会をエンジンとして、元気いっぱいにダッシュしてまいります!

吉田通信23号が完成!

2013.04.23 (Tue)
このほど、市政報告レポート「吉田たかお通信23号」(2013年春号)が完成しました。



議会ごとに発行している吉田通信も6年間で23号を数え、感慨深いものを感じます。毎回の発行ごとに「今回が最高の出来ばえ!」と確信しているつもりです。

この23号は、現在各地で開催中の「公明・草の根ミーティング」の報告をトップに、2月定例議会で奮闘した予算委員会のレポートをはじめ、よしだッシュニュースを満載。

地域の安心安全のため積み重ねた実績も写真入りで紹介してます。24日の支部会で党員さんにお配りするのを皮切りに、各地の皆さんにお届けする予定。

御希望の方はぜひご連絡下さい!

※なお、近日に公式HPの専用コーナーにPDFファイルを掲載しますので、そこからDLが可能です。

出水学区交通安全委員会

2013.04.22 (Mon)
4月22日午後7時30分より二条城北小学校会議室で開催された出水学区交通安全委員会の総会に参加しました。

光栄なことに、来賓として一言あいさつをさせて頂きました。自転車安心安全条例施行後の取組にも関心が大きいと実感。

我が地元学区は、交通安全問題に大変熱心です。4月に小学校新入生対象に交通安全教室を開催するだけでなく、7月には二条中学で開催。秋には高齢者対象に実施されています。素晴らしい!

上京警察署の佐竹交通課長の講演の後、ビデオが上映されました。自転車安全対策を推進する内容。ここにも、条例を機に施策が充実していると実感しました。

終了後に、理事の皆さんが残ってくださり、即席の意見交換会。いや~っ、貴重な御意見を一杯いただきました。ありがとうございます。

さっそく、翌日の常任委員会で質疑させていただきます。

現場の生の声は大事ですね! 現場感覚を研ぎ澄まして、行政の皆さんとも切磋琢磨し頑張ってまいります。

体調も上向きに!

2013.04.22 (Mon)
4月22日は以前から予約していた歯医者さんへ。

右奥歯の根っこが膿んでしまって治療中なのです。多忙もあって頻繁に予約が取れないうえ、虫歯ではなく歯茎に問題があるので、時間がかかってしまいますが、徐々に快方に向かっています。

歯ぎしりが原因の1つと言われました。根本的治療は、ストレスの原因を排除することですって・・・・。日々、重責を担って奮闘している“名誉の負傷”かもしれませんが、ストレスに負けない強靭な精神力を培っていかなあきませんよね!

歯医者さんが終わると、痛めている右膝の治療で整形外科へ。膝関節がキズになっているので、無理せずに療養することが最大の治療なのですが、仕事を休むことは不可能。劇的に快方に向かうところまではいってません。(ぐすん)

ただ、湿布薬を張り替えることと、入浴後のセルフ・リハビリについては、ここ数カ月は真面目にガンバっています。

そのお陰と思いますが、歯も膝も少しずつ良くなりつつある感触があります。(まだ全快とご報告できないのがツラいのですがね・・・・)

40代の時みたいに、限界をはるかに超えてムリし過ぎることは、さすがにできません。体調が黄色信号を発しているととらえ、賢明に頑張っていこうと思っています。

・・・・と言っても、午後からは西陣中央校区のさわやか訪問活動で頑張りました。たくさんの人から励まして頂き、心身ともに元気になりました。ありがとうございます!

都市油田発掘PJ

2013.04.18 (Thu)
4月18日は議員団室の電話当番の日。(ローテーションで回ってくるのです)

市民相談や政策立案のための調査が相当たまっていて、机は書類の山ですが、コツコツと頑張っています。

そんな中ですが、前回の常任委員会で環境政策局に「京都ならではのエネルギー事業に力を入れるべき」と主張したことがキッカケで、担当者と日程を合わせて詳しい説明をお聞きすることになりました。



テーマは、ずばり「都市油田発掘プロジェクト」! 家庭等から排出されるごみを発酵させ、自動車やビニールハウスの燃料を精製していくという事業です。

詳細の説明をお聞きし、納得できるまで質問もさせていただきました。今後の事業展開に大きな期待を持てるものと鳥肌が立つほど感動しました。

無尽蔵の家庭ごみが原料なので、輸送コストは無し。将来は石油に代わる燃料の供給が自前でできる可能性があるのです。凄いですよね!

頭の中を整理するのに時間をかけた方が良いので、このブログで短絡的な紹介はしませんが、今後の議会等での質疑で議論を深めていこうと思っています。

平成20年度に、くらし環境委員会所属していた際に取り上げて詳しく論じた「小型家電リサイクル事業」は、京都市が他都市に先駆けて展開したことも大きな力となって、この4月に正式に国の政策として法整備されました。

「都市油田」という夢のような壮大なプロジェクトも、様々な困難があると思いますが、関係者の皆さんの熱意が素晴らしいので、必ず大きく前進すると確信します。

私も微力ながら、貢献できるよう、研さんを重ねていこうと決意しています。
 | HOME |  Next »