吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

成人の日記念街頭

2013.01.14 (Mon)
1月13,14の2日間、区内各地に打って出て、成人の日を記念する街頭市政報告会を敢行しました。

13日は、街宣車で河原町丸太町・出町商店街・烏丸今出川・鞍馬口駅前・千本寺之内・千本今出川の6ヶ所。

14日は自転車で回り、千本丸太町・堀川丸太町・堀川中立売・千本中立売の4ヶ所で頑張りました。

まず、2013年を日本再建の第一歩とし、迅速かつ大胆な経済活性化策を展開すること、そのためにも地域に根を張った草の根ネットワークできめ細かな広聴活動を展開することをアピール。

また、未来への無限の可能性を持った若者を大事にしない国は滅びるとの箴言を紹介し、第二次大戦中も戦後高度経済成長でも、若者を消耗品のように使い捨ててきた日本社会の病理を転換するために公明党が結党された事実を訴えました。

そして、口先で終わらない具体的な施策展開を約束し、政策実現力No1の公明党に期待していただきたいと申し上げました。

最後に、京都市の観光・福祉・まちづくり等で着実に成果を上げている実績も紹介。応援して頂いた方々にご恩返し出来るよう、真剣の二字で頑張るとの決意を表明。

寒かったですが、多くの皆さん方から笑顔で手を振っていただき、嬉しかったです。ご期待に応えるよう、全力疾走でダッシュしてまいります!

消防出初式

2013.01.13 (Sun)
1月13日午前10時から京都会館前で京都市消防出初式が挙行され、来賓として参加させていただきました。



地域貢献に黙々と汗を流す方々が1,400名揃い、厳粛な出発の日となりました。同席させていただき光栄です。



消防団、自主防災会はじめ多くの皆さん方の活動に敬意を表すると共に、今後のご活躍をお祈りします。

父子家庭への医療費助成

2013.01.11 (Fri)
1月10日付京都新聞に、ひとり親世帯への支援について協議してきた京都府の有識者会議が、母子家庭が対象の医療費助成制度を父子家庭にも拡大すべきとする意見をまとめたと報道されています。

京都府は、1975年から母子家庭の医療費を無料にしているのですが、府内に約3,500世帯ある父子家庭は対象外でした。しかし、生活困窮世帯が急増する中、有識者会議が父子家庭への支援を重視する決定をしたのです。

この件は、11月30日の本会議代表質問で論じたばかりの“ホヤホヤ”のテーマでして、大きく前進することができ本当にうれしいです。

ご参考までに、下記に質問原稿の抜粋をご紹介しますので、関心のある方はお読みください。

*********************************************************************

平成24年11月30日 本会議代表質問

○吉田孝雄
(前略)次に、子育て支援とりわけ「ひとり親家庭」への支援についてお聞きします。公明党では、かねてから「ひとり親家庭」を支援する様々な事業について、父子家庭への拡充が重要であると議論してまいりました。 (略) 医療費についても、京都府の「ひとり親家庭の支援施策検討会」において、現在、府市協調により取組んでいる「母子家庭等医療費支給制度」のあり方について議論が進められているところであるとお聞きしています。私は、このような経済支援については、母子家庭・父子家庭を問わず、真に必要とされる方に手当てされるべきであると考えます。(略)京都市母子家庭等医療費支給条例の対象と所得水準のあり方を見直し、一定の所得に満たない父子家庭にも拡充するべきではないかと申し上げますがいかがでしょうか。(略)

△保健福祉局長答弁の要旨
(略)父子家庭に拡充する必要があると認識し、本市も参画する有識者会議で鋭意検討しています。(略)見直しを行うべきと述べてまいります。 

************************************************************************

ねっ、ちゃんと言ってるでしょ? こうした質疑も追い風になって、いちはやく有識者会議が父子家庭支援拡充を取りまとめものと確信しています。

これからも研さんを重ね、議会で決め細かな政策を堂々と論じてまいります!

業界団体の新年会に出席

2013.01.09 (Wed)
毎年正月は、各種業界団体の新年会に参加し、ご挨拶をさせて頂いています。

7日は西陣織工業組合野新年総会、8日は宅地建物取引業協会の新年賀詞交換会、そして9日は歯科医師連盟の新年互礼会に出席。お慶びを申し上げました。

いずれも、様々な場で、政策立案に向けて貴重な意見交換の場を設定して頂いた方々です。感謝の思いを胸に、具体的な政策でご恩返ししていこうと改めて決意。

単なる儀礼で終わらず、貴重な語らいを京都活性化へのエネルギーに代えていかなければならないとの厳粛な気持ちで、頑張ってまいります。

※画像が無くてすいません・・・・。

2013年スタートダッシュ!

2013.01.03 (Thu)
日本再建のスタートを切る2013年が始まりました。気を引き締めて走り回っています。

元日と2日は、区内各地の新年の集いに参加し、多くの方々にご挨拶。笑顔で声をかけて頂きました。

また、お世話になっている方々のお宅に夫婦でご挨拶まわり。寒風をついての活動でしたが、感動の時間を過ごせました。

実家で留守番の子どもたちは、百人一首やトランプで大はしゃぎ。夜には合流してお父さんも参戦しました。まだまだ負けまへんでぇ~!



3日は、公明党京都府本部恒例の新春街頭演説会を、党広宣遊説局長という立場で運営。府内5ヶ所(京都駅・近鉄Momo・小倉駅・北野白梅町駅・西院駅)で開催しました。

竹内府本部代表(衆議院議員)も、元気いっぱいに経綸を論じておられました。財務大臣政務官という重責を担う我らがリーダーは頼もしいでっせ!

夜は、家内の実家でおせちを堪能。孫たちだけでなく私たち夫婦にもプレゼントをいただき、嬉しかったです。心配をかけないように、成長しなあかんと改めて決意。

毎年の事ながら、濃密な3が日でした。体力的にはヘトヘトですが、充実のスタートダッシュになったと思います。議員になった限り、のんびりしたお正月はありえないとハラを決め、4日以降も全力疾走してまいります。

このブログをご覧の皆さま、今後もいっそうのご鞭撻をお願い申し上げます。頑張ります!
« Prev  | HOME |