吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

宮城県出張-6

2011.12.19 (Mon)
石巻市は漫画家石ノ森章太郎のふるさと。

サイボーグ009の像が夕焼けに映えて、凛々しかったです。

逆境に負けない心意気を学び、京都でも頑張って行こうと決意しました。

※石巻市では私の携帯電話の電波状態が悪くて、その折々に書き込んだ記事を送信できなかったので、仙台市の宿舎に入ってから連続投稿となりました。ご了承ください

20111219173407

宮城県出張-5

2011.12.19 (Mon)
石巻市の賑わいの中心だった商店街が、壊滅的打撃から立ち直り、12月10日に仮設商店街をオープン。

プレハブでしたが、意気盛んでした。

大通りはシャッターが目立ちますが、復興へのスタートを切った方々のパワーを感じました。


20111219172703

宮城県出張-4

2011.12.19 (Mon)
石巻市役所にて。

昨年3月に、ショッピングセンターとタイアップした6階建てのユニークな庁舎です。

議会事務局の方にお聞きしますと、震災で最上階の本会議場が大きな被害を受けたとのこと。

幸い議員に人的被害は無かったものの、津波が多くの職員や沿岸部の町並みを飲み込んだとお聞きし、ご冥福とお見舞いを申し上げました。


20111219172203

宮城県出張-3

2011.12.19 (Mon)
石巻市の保育所を訪問。

被災時の状況や復興への想いを伺いました。

ボランティアの皆さんが真心こめて寄贈された絵本を手に、保育士の先生方も、「子どもたちが喜びます」と笑顔満開でした。


20111219171304

宮城県出張-2

2011.12.19 (Mon)
仙台駅からレンタカーを借りる際に、自転車レーンを発見!

わかりやすい表示です。

道が広いので、ちょっぴりうらやましいです。


20111219165906

宮城県出張-1

2011.12.19 (Mon)
12月19日と20日の2日間、宮城県に出張です。

復興への歩みを始めている方々の活動を学びます。

仙台駅前でパチリ。これから石巻市に向かいます。


20111219112506

東京からのお客様

2011.12.15 (Thu)
12月14日と15日の2日連続で、東京からお客様がお見えになりました。

と言っても、観光ではなく「政策調査研究」の行政視察として、はるばる京都まで自転車安全条例の勉強に来られ、議員団として制定までの経緯と今後の方向性等について、ご説明をさせていただいたのです。

 → クリックしたら大きく表示します。 


14日は、杉並区の超党派の6名(公明党、生活ネット、社民)の皆さんにパワーポイントを駆使して説明。

制定までの苦心談や条例の内容など、熱心なご質問をいただきました。都内では「災害時の帰宅困難」問題がクローズアップされ、自転車で通勤通学する人が増え、それと比例して事故も増加しているとのこと。

テレビ等でも連日報道されていることもあり、市民の関心も高いとおっしゃっていました。

同時に、議会不要論に対して多くの議員さんが危機感を持って、基礎自治体での議員提案条例の可能性を模索されており、私たちも大いに刺激を受けました。

 → クリックしたら大きく表示します。 

15日は、江戸川区の議会運営委員会(もちろん超党派)の総勢20名もの大視察団を前に説明。緊張しました!

委員長の方は自民党の議員さんですが、7月に東京の講演会で私が講演させていただいた内容が良かったとのことで、各会派の方々に声をかけて、今回の京都出張を実現されたとのこと。

核心を突いた鋭く熱心な質問を数多く頂き、こちらこそ勉強になりました。心より感謝を申し上げたいです。

自転車安心安全条例は、多くの自治体から注目していただき、今後の予定も入れて何と12の自治体が京都に来られています。首都圏が多いですが、仙台市や新潟市からも来られており、来年1月には弘前市(青森県)からの視察も決定しています。

光栄であり、ありがたい気持ちでいっぱいですが、現状に甘えたり驕ったりせず、研さんを重ねて頑張っていこうと決意しています。

iPadが大活躍

2011.12.12 (Mon)
わが議員団のマイブームは、iPadです。



同僚議員一同、汗をふきふき、四苦八苦しながら画面を触ったりひっくり返したりで、悪戦苦闘中です。

ネットもメールも自由自在。メモ機能を活用すると、いつでもどこにいても、重要な事項を書き込め、クラウドで管理できるので大変に重宝しています。パソコンの前に座らなければ始まらない時代は終わりました。

何よりも、Googleカレンダーが素晴らしい! その日だけでなく、週間も月間も超スピーディーに管理できます。

今までは、私はパソコンのEXCELで日程表データを打ち込んで、USBメモリーに保存して持ち歩いていましたが、それもiPadで十分に可能ですので大助かりです。何よりも安全ですしね。

カレンダー機能の凄いところは、「同期」ができるので、自宅や事務所のPCからも見ることが可能なこと。ついでに、わたしゃ家内のスマホにも「同期」されてるので、ある意味“遠隔操作”されてるんですよ。すごいでしょ・・・(涙目)

今も議員団室に残って、いろんな作業をしていますが、自宅でも事務所でもファミレスでもできるので、このブログを打ち終わったら、引き上げようと思っています。自宅にいても仕事がサクサクとはかどるので、ホンマに便利です。

でも、以前から私のハードワークを抑えようと腐心している家内は、ますます心配を募らせています。すんませんなぁ~。

体を酷使せず、適度の睡眠をとりつつも、効率よく効果的な仕事に励もうと思っています。京都市活性化のため、頑張ります!

市民相談が結実!

2011.12.11 (Sun)
このほど、室町学区の道路が修復され、近隣の皆さん方から喜ばれています。



これは、烏丸寺之内西入る上るの道路がデコボコで水がたまったり、高齢者の手押し車や車いすが走行しにくいとの声を届け、正式に修復されたものです。

室町学区のもちつき大会にお邪魔し、参加者の皆さんやスタッフの方々に御挨拶をした後、撮影ができました。(なかなか時間がとれず、ようやく写すことができました)

その後も、数ヶ所の現地調査で走り回りました。「調査なくして発言なし」の言葉をかみしめ、頑張っています。

これからも、安心安全の上京区に貢献できるよう、ダッシュしてまいります。お気軽に声をおかけ下さいね!

人づくり連続講座

2011.12.10 (Sat)
12月10日午後1時30分より、京都産業会館シルクホールで開催された第2回人づくり連続講座に参加しました。



テーマは「子どものケータイ!どう向き合う?」――、こりゃ、何を差し置いても聴きに行かなあかんと、時間をこじ開けて自転車で行ったのです。

PTA連絡協議会研修会を兼ねていたこともあり、場内は多くの子育て世代で埋まっての大盛況。問題意識をお持ちの方が多いのだと、改めて実感しました。

長屋PTA連絡協議会会長が京都市PTAの活動を報告した後、文部科学省青少年課の勝山課長がケータイ問題に関する国の取組みを報告。

実態をきめ細かく把握するなか浮き上がった問題への解決を、現場を歩いて識者や保護者と綿密に語り合っているとのこと。重要な観点です。

「子どもや保護者への啓発」「ネットいじめ早期発見と対応」「情報モラル教育」などなど、私がこの4年間で提起してきた具体策が、全国的に進んでいることがハッキリわかりました。



続いて、ネット教育アナリストの尾花紀子氏が、「そうか!なるほど!子どもたちとケータイ~現状から学べる、未来の担い手たちの育み方~」とのテーマで講演。

親としての子どもとの丁寧なかかわりが不可欠であると学びました。押しつけも良くないし、単に禁止するだけもNG。子どもが自ら気づくために、親の存在があるのですよね。

途中で、どうしても外せない用事があり、涙をのんで中座。後ろ髪を引かれる思いでした。あー、最後まで学びたかったなぁ・・・・。

後日、教育委員会にお願いして、当日参加者の感想やアンケート結果などを教えてもらおうと思っています。教育行政の今後にとって大事なデータとなると確信します。

人づくり委員会はじめ、多くの関係者の皆さんに心から敬意を表します。
« Prev  | HOME |  Next »