吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

銀世界

2010.12.31 (Fri)
大晦日はあたり一面の銀世界。しんしんとふる雪のなか、買い物に行くついでに、年賀状を投函。



マンション玄関前の自転車も真っ白。雪の上を歩くと、ズシッと音がして気持ちいいです。

千本通りを走る自動車も低速走行。時間がゆったりとすぎていくようで、不思議な感覚がしました。

こんな天気が今日からで助かりました。昨日までの年末挨拶回りでこんな大雪やったら、凍死してますがな・・・・。

挨拶回りの合間に、ひぃひぃ言いながら頑張った年賀状大作戦。区内有権者の方には「吉田通信新春号」をせっせと手書きしました。それもやっと終了です。長かったなぁ――。

2010年はいろいろありました。議員提案条例が成立したり、駅ナカビジネスやパークアンドライド、3人乗り自転車レンタルをはじめ、議会質問で提案した施策が次々と実現。

その分、心身を酷使したからでしょうか、口唇ヘルペスにたびたび罹り、夏には帯状疱疹(一生に1度しか罹らないらしいです)、秋には結膜炎で何日も右目が開かない状態になってしまいました。

しかしながら、それらの病気も悪化することなく全快し、年末の人間ドックでは健康体ですとのお墨付きも貰いました。家族も大きな病気をせず無事でした。

家族とりわけ献身的に頑張って支えてくれた家内に感謝です。

銀世界をゆったりと歩きながら、思索にふけりました。日本の将来について、京都活性化の方向について、上京区の様々な課題について・・・・・・etc。

自身の使命の大きなに、武者ぶるいしました。2011年を、皆さんにとって素晴らしい年にする為、私にできることはなんでもやらせていただきたい。真剣勝負で頑張ろうと、改めて決意しました。

活動報告(24~30日)

2010.12.30 (Thu)
2010年もあとわずか。皆さんお忙しくされていることと存じます。

本ブログも日々更新出来たら良いのですが、なかなか時間がとれず、ご心配をおかけしています。すいません・・・・。

下記に駆け足で、24日から30日までの活動を報告させていただきます。

24日は嬉しい出来事がありました。仙台市議会議員の代表の方々が、京都市に視察に来られた際に、私どもに取材を申し込んでこられたのです。

議員提案政策条例「自転車安心安全条例」の制定までの経緯や今後の方向などについて、熱心に意見交換をさせていただき、説明した私たちの方が勉強になりました。仙台の皆さん、ありがとうございました。

夕方からは数軒の企業に訪問。経済問題や教育、福祉など貴重なご意見をお聞きできました。夜は嵐山のおじいちゃん宅へ。誕生日のお祝いを持って行ったのですが、孫たちへのプレゼントを頂戴し、素敵なクリスマスとなりました。

25日は、府本部での拡大幹事会に出席した後、街頭市政報告会で区内を一周。夕方の時間をこじ開けて、さわやか訪問対話活動にはげんだ後は、同級生と忘年会。率直な語らいができて良かったです。

26日は、地元出水学区をさわやか訪問。100軒以上のお宅へ年末ご挨拶。ヘアスタイルが変わったことで、対話に花が咲きました。

27日は、早朝から人間ドック。MRIの結果は全く問題なしの健康体とのこと。「メタボ予備軍ですよ」との警告も頂戴しました。覚悟してたので、ショックはありませんでした、はい。

夜は、消防分団へのあいさつ回り。29日までの3日間で17分団を自転車で回りました。寒い中をものともせず、地域の防災のために貢献される団員の皆さんに心からの感謝を申し上げました。

28から30日までは、団体回りと支援者の皆さんへの年末ご挨拶。3日間で100軒という強行軍でしたが、話題いっぱい笑顔いっぱいで、楽しい語らいができました。

「頑張ってやーっ!」というご声援が嬉しいですね!

そんなこんなで、年賀状や大掃除は大幅に遅れてしまっています。えらいこっちゃ!

30日の深夜から31日の午前中にかけて、書いて書いて書きまくらなあきません。「もっと計画的にしてぇ~な、ホンマに!」という家内の叱咤に頷くばかりの私です。

読者の皆さま、良いお年を!

予算編成の見える化

2010.12.26 (Sun)
平成23年度予算編成に当たって、「見える化」が大きく前進することとなりました。

このほど、京都市公式ホームページに、「未来まちづくり推進枠」での新規事業の要求内容が、各局別に公表されたのです。

詳しくは、京都市情報館の該当ページをご参照いただきたいのですが、その中に私が何度も主張した施策も含まれており、大いに期待しているところです。

いくつか紹介しますと、保健福祉局では、「障害者雇用を促進するアドバイザー派遣を支援する事業」に1千万、「軽度および中等度の難聴児に対する補聴器購入費を助成する事業」に220万を設定しています。市民の方からの声を常任委員会で訴えたことが通じたんやなぁ・・・。

また、「ホームレスの自立を支援する施策の充実事業」に1千290万、「児童虐待対策拡充の拠点となる第2児童福祉センター(仮称)設置事業」に2億1,400万などのほか、高齢者支援の各施策も充実する編成になっています。

今回の予算編成に当たって、市としての方針は、縦割りを乗り越え、局を横断する全市的の観点を重視したとのこと。市民生活の安心安全を守る政策を推進することが、活気ある京都の未来のための鍵を握ると確信します。

今後、詳しい予算編成の情報が入ってくると思いますが、来るべき2月議会の予算委員会で、市民の側に立つ議論を展開するため、いっそうの研鑽を深める決意を固めています。

よしだッシュ!

ちょっとイメチェン

2010.12.23 (Thu)
12月23日はいきつけの理容店でさっぱりとしました。



どおです? ちょっぴりイメチェンでしょ?

婦人党員さんたちからのアドバイス・リクエストを頂き、くっきりの七三わけではなく、“ソフトモヒカン”に仕上げてもらいました。

「ヘアスタイルだけではなく、もっと痩せなあかんな・・・・」と家内がつぶやきました。ごもっとも!
 
なお、午前中は女子会(?)に飛び入り参加。公明党を支持していただいている独身女性の会合にお邪魔し、懇談をさせていただいたのです。

わいわいがやがや、10名を超える若い女性との楽しい語らいで、華やいだ気分です。

皆さん、今の政治についてや、日本の未来について真剣に考えておられ、私の方が触発を受けました。

夕方は、新しいヘアスタイルで、颯爽と仁和学区をさわやか訪問。たくさんの方とお会いでき、有意義な対話ができました。「テレビ中継見ましたよ」「この前交差点で演説してはったねぇ」と声をおかけいただき、たかお感激!

集合住宅前では、寒い中をチビッコたちが元気いっぱい遊んでいました。私を見つけて「あっ、よしだッシュや!」「うわっ、ポスターとちがうやん」と大きな声で呼びかけてくれました。

「そらそうやん、ジャンパー着てるもん」「いや、髪の毛がちょっと違う。ポスターよりも多いやん」・・・・ほぉー、よう見てるやん、チビッコたち!

さわやかで行動的な新しいイメージで、子どもたちにも女性からも親しまれる「よしだッシュ」に生まれ変わって、頑張ってまいります。

活動報告(19~22日)

2010.12.22 (Wed)
忙しさにかまけてブログの更新が滞り、申し訳ありません。ご心配をおかけしお詫び申し上げます。

お陰さまで元気いっぱいに走り回っています。

19日は老人クラブ連合「歴訪会」に皆さんと共に、関西電力大飯原子力発電所見学会に参加。

最新技術を駆使したわかりやすい説明を聞き、原子力発電所のあれこれを学びました。安全性に最大の注意を注いでいるとのこと。

構内見学は厳重警備にびっくり。同行の皆さんも驚いておられました。「お年寄り」という言葉が見合わないくらい、参加者の皆さんはお元気で向学心旺盛。かたわらで大いに学ばせて頂きました。

20日は、春日学区と仁和学区をさわやか訪問。夕方は出水学区の町内の集いにご招待を受け、お困りごとが解決した報告をさせていただきました。皆さんから御礼を言われましたが、逆にこちらが貴重な勉強ができて感謝させていただいています。

21日は仁和学区訪問の総仕上げ。たくさんの方とお会して楽しい語らいができました。

「国会では見苦しい権力争いばかりで、嫌になってしまいます」「公明党は他者に責任をなするつけない誠実な姿勢なので信頼できますよ」とエールを贈っていただき、感激です。

私は「政治家や官僚よりも、現場の苦労や庶民の痛みを肌で実感する地方議員として、地域に根を張った草の根ネットワークを広げて頑張っています」「中央集権ではなく市民生活に身近な地方分権に時代のかじを切るべきと決意して駆け回っています」「庶民の生活実感あふれる政策をコツコツと創りあげています」と訴えました。

22日は終日市役所。朝から夜の7時まで、教育福祉委員会の議論で缶詰でした。教育と福祉という重要な政策課題ですので、各党の議員もよくしゃべります。(ま、私も3回発言したので他人のことは言えませんけどね)

委員会での詳しい報告は個人HPの「市会だより」に掲載させていただきますので、関心ある方はご参照くださいませ。

これからも、毎日の活動をその都度ご報告できない日々になるかもしれませんが、気合いれて頑張ります!

フル回転の1日

2010.12.18 (Sat)
12月18日はフル回転の1日となりました。

朝は喫茶店でお2人と待ち合わせしての市民相談。自転車走行問題や京都の未来図などについて、ざっくばらんに対話が弾みました。勉強になります。

その後、今月3回目のコスモス懇談会。今回の参加者は乳幼児のお母さんたちです。子育て支援や安心安全のまちづくりについて、活発な意見交換ができました。

ここで頂戴した有為なご意見やご要望は、22日の教育福祉委員会で紹介して、具体的に議論する予定です。

午後からは、室町学区・京極学区・春日学区をさわやか訪問。寒風吹きすさぶ中でしたが、たくさんの方から励ましを頂戴し、元気いっぱいになりました。

ビックリしたのは、2つの名刺入れがぱんぱんになるくらい準備してきたのに、夕方には名刺が無くなってしまったこと。根性で回ったからなのですが、春日学区は訪問を予定していた先が少し残ってしまいました。ぐすん。

来週も名刺が1日で無くなるくらい、執念で訪問活動していこうと、改めて決意。お会いできた方々が、公明党のファンになっていただけるよう、誠心誠意の対話が大事と重ねて深く決意。

くたくたになりましたが、これでフィニッシュではありません。

夜は、待賢学区でミニ懇談会に出席させていただいたのです。多くの方々から熱心に質問していただき、熱気むんむんの懇談会に汗だくになりながら、笑いあり涙あり(?)の市政報告させていただきました。

「わかりやすかったです」「公明党が頑張ることが京都のためになることなんですよね」と口々に嬉しい激励を頂戴し、たかお感激!

フル回転の1日でしたが、皆さんの笑顔にふれ、疲れも吹き飛びました。明日も頑張るぞ! 

市民相談が結実

2010.12.15 (Wed)
このほど、六軒町中立売下るの道路と側溝が補修され、市民の方から喜ばれています。



凹んだ窪みに水がたまっていたのですが、工事の後は大丈夫とのこと。細い道に車や自転車がたくさん通るので、近隣の方から「助かります」とメールを頂きました。

これからも、地域のお困り事があれば、お気軽に声をおかけくださいね。

よしだッシュで駆けつけます!

昼夜のコスモス懇談会

2010.12.14 (Tue)
12月14日は、お昼と夜の2部構成で、コスモス懇談会を開催していただきました。

合わせて50名を超える子育て世代のお母さんたちが、お忙しい中を縫ってご参加下さり、活発な意見交換。感謝の気持ちでいっぱいです。

11月議会で成立した補正予算で、「子宮頸がん予防ワクチン」「小児性髄膜炎予防のヒブワクチン」「小児用肺炎球菌ワクチン」の3つの予防接種が、全額公費助成されることが大きな話題に。

参加された多くの方が、この春に行われた上記3つのワクチン助成を求める署名運動にご協力いただいたこともあり、庶民の切実な声を届け、実現できた喜びを分かち合う懇談会となりました。

また、10月に可決成立した京都市自転車安心安全条例にも、大きな反響がありました。「生活に密着したテーマですやん」との言葉に納得です。

「自転車損害保険加入促進」「商店街の安全対策」「交通安全教育の義務化」「自転車走行環境整備」の各点に熱心な質問が相次ぎ、嬉しい悲鳴。ホンマ、ありがたいです。

そのほか、「駅ナカビジネス」「パークアンドライド」の充実にも貢献できていることも報告すると、皆さん自分のことのように喜んで下さいました。

子育て支援や若者雇用問題などにも、貴重なご意見を頂戴できるなど、時間があっという間に過ぎたというのが実感。

この素晴らしい懇談会は、回を重ねるごとに充実していただいています。政治に前向きかつ真摯に取り組んでいただいている方々の言葉は本当に重いです。

ザ・庶民のお母さんたちの温かなご期待に、何としてもお応えしなければならないと、改めて決意できた1日でした。

読売新聞夕刊1面トップ記事

2010.12.11 (Sat)
12月11日付読売新聞夕刊の1面トップ記事は、「自転車事故10年で4倍」「賠償高額化、不払いも」という見出しで、自転車安心安全条例で取り上げたテーマが掲載されています。

記事では、事故の傾向性や自転車保険の実態が紹介され、「事故の相手が保険未加入で賠償金が支払われないケースもあり、自転車保険加入義務付けや専用道路整備等の安全対策を進めるべき」との主旨の専門家の言葉も。

1面トップ記事ですから、ビックリです。

また、京都新聞11日付朝刊7面の投書欄「窓」にも、自転車事故についての意見が語られていました。同じ日の京都新聞夕刊には、「地域再生」という特集で地方議会の充実が論じられています。

そこでは、地方議会不要論や議員ボランティア論等のネガティブな極論ではなく、質の高い政策論議を求める声や市民参加の学習会実施など、積極的な意見が語られています。

11月議会の期間中は、地域政党が定数削減の署名活動を展開したり、共産党が報酬削減の議案を提出するなど、まさにネガティブな話題が注目されていました。

そんな中、わが公明党議員団は、将来ビジョンの重要性を示し、「議会基本条例」制定を訴えたのです。

暗い世相であるがゆえに、揚げ足取りや足の引っ張り合いではなく、京都の未来に責任を持った前向きな具体策を議論することこそが必要ではないでしょうか。

世論に右往左往するのではなく、真摯な政策論議を重ねて、市民の意識を喚起するのが、議員の仕事ではないのかと、心の底から痛感しています。

ちょっとエラソーな書き方で、えらい恐縮ですが、読者の皆さんのご意見はいかがでしょうか?

ふくふくフェスタ

2010.12.04 (Sat)
12月4日10時より、みやこめっせで平成22年度ふくふくフェスタが開催され、教育福祉委員会所属議員として参加させていただきました。



ふくふくフェスタとは、毎年障害者週間に開催されるイベントで、障がいのある方もない方も、ともに理解しあい支え合うまちづくりを目指して、多彩な舞台やバザー、模擬店で賑わっています。

場内では、授産所の方々の手作りの製品や、肢体障害者団体や聴覚障害者団体の方々が持ち寄った製品が即売され、活気にあふれていました。

また、舞台では、「ダンスで心のバリアフリー」とのテーマで、プロ車椅子ダンサーの奈佐誠司さんが爽やかにトーク。

印象に残ったのは、「最もつらかったのは、障害者に注がれる人びとの視線でした」という言葉。障害者と共生する社会を築くには、上っ面の同情ではなく、同苦と共感が大事なのだと改めて実感しました。

午後からは、市民相談現地調査の後、仁和学区をさわやか訪問。生まれ育った地域を駆け回り、様々なご意見や激励を頂戴しました。感激の1日でした。

明日からも、時間の合間を縫って、現場を走り回ってまいります。
 | HOME |