吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

女性特有がん対策

2010.06.30 (Wed)
このほど、女性特有のがん(子宮頸がん・乳がん)対策の取り組みとして、無料受診券と検診手帳が該当のお宅に送付され、我が家の妻(40歳)にも届きました。



子宮頸がんは、市内在住の20歳・25歳・30歳・35歳・40歳の約49,000人のかたが対象、乳がんは40歳・45歳・50歳・55歳・60歳の約50,000人の方々が対象です。

これらの方々の検診費が無料になる「クーポン券」事業が、昨年度から京都市で始まり、2年目となるのですが、財源の問題と診療機関に殺到しても良くないという理由で、5歳単位となっています。

つまり、32歳や47歳等の方のために、少なくともあと3年は継続しなければなりません。行政側もそのつもりで計画していたわけです。

ところが民主党政権は、この女性特有のがん対策を、なんと「事業仕分け」で縮小すると発表。市側もびっくりで、「22年度は継続するが、それ以降は国の動向を見守るしかありません」との返答を余儀なくされています。


「命を守る」と大見得を切った前首相の自語相違は明確です。責任をとってもらわなあきませんよね!

この5月、公明党女性局は「女性特有がん検診延長」を求める署名運動を実施。浮島とも子参院議員が、京都府の20万筆以上の署名簿を、厚生労働副大臣に提出しました。

女性の命を守る党は、どこなのか。はっきりさせる必要があります。7月11日には、その審判が下るのではないでしょうか。

経営者を語るセミナー

2010.06.23 (Wed)
6月23日夕方より、京都リサーチパーク町家スタジオで開催された「経営者を語るセミナー」に参加させていただきました。

東急の総帥・五島昇氏に仕えた渡辺氏が、そのものズバリのタイトル「五島昇を語る」と題して、スケールの大きなエピソードを紹介。

安易なマネーゲームを戒め、早くから環境と文化の振興に着目し、毀誉褒貶をものともせずに自己の夢の実現にまい進した五島氏が掲げた、「環太平洋経済共同体構想」は、実に魅力的なビジョンですよね。

途中で急用が入ったので、泣く泣く中座してしまいました。関係者の皆さま、申し訳ありません。

わくわくするような知的刺激を受けました。この「経営者を語るセミナー」の第2弾、第3弾が、今から楽しみです。

嘉楽学区の道路陥没が修復

2010.06.20 (Sun)
このところ、市民相談が結実した実績を紹介しています。

地域に根を張った「さわやか訪問対話運動」が軌道に乗っていることが大きな理由ですが、もう1つは、日曜日に各地へ写真を撮影に回ったことで、ブログに一挙掲載できたという次第です。

さて、今回のご紹介は、嘉楽学区の市民から寄せられた道路陥没の件。千本通り一条の近隣の道が陥没して、危険との不安の声がきっかけです。



              



行政に届けたところ、迅速に対応され、修復されたとのこと。空洞もあったらしく、土木事務所と上下水道局の連携プレィがかみ合った工事でした。

幼稚園児や買い物客も多く通行する道なので、大変に喜ばれています。

これからも、地域の安心安全のため、お役に立っていく決意ですので、お気軽声をおかけくださいませ!

新町今出川上るの道路もキレイに!

2010.06.20 (Sun)
このほど、新町今出川交差点を上って1本目を左折した道が、長年のデコボコが解消され、写真のようにキレイに生まれ変わりました。


 
これは、近隣の方から寄せられていた声を行政に届けて、粘り強く交渉した結果、実現できたものです。

市民の皆さんから喜びの声が寄せられています。迅速に対応いただいた行政当局に敬意を表します。

これからも、市民との懸け橋となって、上京区の安心安全に貢献していく決意です。お気軽に声をおかけ下さいね!

武者小路小川の道路修復

2010.06.20 (Sun)
このほど、武者小路小川東入るの道路が修復され、市民の方から喜ばれています。

 

水道栓がある場所の陥没が著しくなり、心配されていましたが、今回の処置で安心安全が高まったとの声が。

これからも、地域に根を張って頑張ってまいります。

お気軽に声をお寄せ下さいね。

政経セミナー大成功!

2010.06.18 (Fri)
6月18日午後6時より、リーガロイヤルホテルで、斉藤政調会長をお迎えして、公明党京都府本部主催の政経セミナーを開催。

雨の中にもかかわらず、企業・団体関係者250名(満員)の方々がご参集いただきました。心より感謝申し上げます。
 
  
 
竹内京都府本部代表、池坊京都府本部顧問(共に衆院議員)の挨拶のあと、浮島とも子参院議員(参院選比例候補)が、元気いっぱいにあいさつ。

 
 
斉藤政調会長は、現在の政治状況を分かりやすく解説。満員の聴衆から共感の大きな拍手が送られました。

 
 
政調会長と浮島候補のツーショットは、シャッターチャンスがずれ、ズームができきれませんでした。残念!

以下に、政調会長の講演(特に注目の消費税問題)を抜粋して紹介します。

☆経済が不安定な状況が続き、「仕事がない」「失業が多い」という悲鳴が上がっており、今は景気・経済対策に120%の力を入れるべき時。そんな時に「消費税10%」というのは、ブレーキとアクセルの踏み間違いである。

☆管首相自らが、「マニフェストの財源は総予算を組み替えれば簡単に捻出できる。消費税増税は4年間必要ない」と言っていた。まず、首相自身が、「私たちのマニフェストは間違っていた」と、国民に謝ることが先ではないのか。

☆公明党は、財政再建のための消費税増税には反対。福祉の財源に限定し、「消費税を含む税制の抜本改革」を訴えている。ただし、?短期的には、デフレ克服、景気回復に全力を挙げること?徹底した税金のムダの排除?社会保障のあるべき姿の国民的議論と具体化――が前提であり、複数税率など低所得者への配慮もするべきである。

――私利私欲に走り、パフォーマンスで国民を幻惑させ、しわ寄せを市民に押し付けるような、今の与党のやり方は卑怯です。政調会長の講演を聴き、いっそう「真の第三極」である公明党の躍進を決意しました。

押小路通りの白線がきれいに

2010.06.17 (Thu)
このほど、二条城南側の押小路通り(堀川~千本間)の白線がきれいに引き直され、地元の方やドライバーの皆さんから喜ばれています。


 
交通量が多いこともあって、この道の白線がかすれて見えにくくなっていました。知人の方からご相談を受け、行政に申し入れていたところ、きれいに生まれ変わることになりました。

写真では見えにくいかもしれませんが、長い距離にわたって白線がきれいに引かれており、安全性が大きく推進されています。

これからも、地域の安心安全に貢献したいと決意しています。お気軽に声をおかけ下さいませ! 

言い訳せずに結果を出す!

2010.06.15 (Tue)
FIFAワールドカップが、南アフリカで開催され、連日熱い戦いが繰り広げられています。

日本時間の14日深夜に、日本代表とカメルーン代表の試合が行われ、日本が1-0で、劇的な勝利を飾りました。

いや~~っ、凄かった! ハラハラドキドキの連続。全身全霊を傾けた完全燃焼の男たちの雄姿に、心から感動しました。

選手の皆さん、よくやった! 本当にお疲れさまでした。心から敬意を表します。

直前の親善試合に結果を出せず、ぼろくそに言われ続けていた日本代表・・・。私も正直、心配していました。

しかし、雑音に粉動されず、言い訳をすることなく、結果を出した選手たちは、実に見事でした。まさに、男の中の男!

私も、どんな困難があっても、歯を食いしばって頑張って、勝利の凱歌を挙げていくんだと、決意を固めることができました。 

ありがとう、日本代表!!

私の価値観

2010.06.14 (Mon)
激動の乱世を生きる私たちにとって、どのような価値観で時代を切り開いていくべきか――。全人類類的な課題として大きく問われています。

この場を借りて、私が自らに言い聞かせている価値観を紹介させていただきます。

第1に、「利他主義」であることです。

今の時代は、エゴ=利己主義が、時代を覆い尽くしています。「自分さえ良かったらよい」「悪いのは自分ではない」――と自己を正当化し、責任を他者になすりつける卑怯なやり口が、まかり通っています。

私は、そのような人間不信しか呼ばないような価値観にはくみしません。

どこまでも、他者の立場に立ち、お互いが尊重し合い、信頼し合って、1人はみんなのため皆は1人のために貢献していく精神に、価値を置いています。

第2に、真の「人間主義」を希求しています。

かつて、エセ・ヒューマニズムが席巻した時代がありました。別の言葉で言う「偽善」です。日本人は権威に弱いと言われています。家柄や財産や肩書や名声に目がくらみ、真実を見失ってしまう傾向があるのです。

私は、1人の人間として、いかに輝いていけるかを、どこまでも追及する人こそ、真に尊敬に値すると確信しています。

虚栄や建て前を、ある意味かなぐり捨て、どこまでもひたむきに、誠実と向上心で勝負する人生こそ大きな価値があるのではないでしょうか。

したがって、有名大学を卒業して大企業に就職したことで、人生の目的を果たしたかのような錯覚に陥って、努力を中断する有為な若者の姿を見聞きするにつけ、心から残念に思うものです。
 
何とか、変わっていかなければなりませんよね!

第3は、「地球民族主義」です。国籍や人種で分けるのではなく、同じ人間として地球に生きる者同士であると、自覚するべきであると信じています。

今は、残念なことに、ネットの世界では顕著ですが、悪しき民族主義に侵された感情的なコメントが噴出しています。

このような排他主義が世論で多数を占めるようにになったら、ろくなことが起こらないのが歴史の通説です。私は、若い世代にじわじわと浸透している今の風潮は、実に危険ではないかと危惧しています。

そして第4は、少しずつ進んでいくべきであるという「漸進主義」です。

ゴルバチョフのペレストロイカから始まった、米ソ冷戦の劇的な変化は、時代を大きく動かしました。しかしながら、漸進的な改革を志向したゴルバチョフに飽き足らず、ロシア国民は急進的なエリツインを支持し、劇的なソ連崩壊を選択しました。

しかし、歴史的に見れば、ロシアの民主化は遅々として進んでいません。庶民が主役になる可能性は全く感じられず、共産党政権を彷彿させるような言論弾圧が繰り返されています。

やはり、どんな時代や社会にあっても、急進主義では人の心を動揺させるだけで、着実な前進は望めません。コツコツと地域に根差した活動の積み重ねこそが大事ではないでしょうか。

他にも、詳しい観点はありますが、大まかに言って、上記4点が、時代の閉塞を打ち破るキーワードであると、私は確信しています。

公明党は、こうした4つの基準から、一切ぶれずに活動を推進しています。このことは間違いありません。

このような、公明党の掲げる価値観に賛同される方がいらっしゃいましたら、ぜひ私たちと力を合わせて、政治を庶民に取り戻す戦いに勇んではせ参じてください。

大歓迎します! 

愛宕ゆうこうの郷竣工式

2010.06.12 (Sat)
6月12日10時より、養護老人ホーム「愛宕ゆうこうの郷(さと)」竣工式に、京都市会教育福祉員としてご招待され、谷口議員(伏見区)、湯浅議員(右京区)はじめ、各会派の議員と共に参加しました。


 
柚で有名な水尾に位置した養護老人ホーム「水尾寮」が老朽化したため、右京区嵯峨樒原宮ノ脇町に新築移転したものです。


 
竣工式では、門川市長や加藤市会議長らが祝福の挨拶。


 
終了後に館内を見学させていただきました。木目を生かした自然の香りが漂い、入居者の生活を重視した設計を実感。

高齢者福祉がこれからの時代の喫緊の課題です。衆知を集め、情熱を傾けて取り組まれた関係者の熱意に敬意を表した次第です。 
 | HOME |  Next »