吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

SORD発足式

2009.01.31 (Sat)
1月31日午後、左京区のアピカルイン京都でNPO法人・希少難病患者支援事務局(SORD-ソルド-)発足式が挙行され、私も参加させていただきました。


 
これは、筋肉が衰える原因不明の進行性難病である遠位型ミオパチー患者で、国の難病指定を勝ち取ろうと奮闘しておられる中岡亜季さんと支援者の皆さんが立ち上げた難病患者さんを支援する事務局が、このほど正式にNPO法人として認証されたことで、盛大に開催されたものです。

マスコミも数社駆けつけ、NPO関係者の方々や中岡さんの地元・宇治の方々、署名活動に奮闘されたフリースクールequip(イクイプ)の子どもたち、そして何人かの難病と闘う患者さんも参加。多彩な顔ぶれでした。

私の甥っこ(妹の息子)も遠位型ではありませんが、先天性のミオパチー患者です。京都新聞に掲載された署名運動の紹介記事を読んで連絡させて頂いたところ、快くお会いしたのが昨年の初夏。これ以降、街頭署名にボランティアで参加させていただいたり、昨年9月の代表質問で難病対策を取り上げたりというご縁で、今回ご招待を頂き彼とともに参加した次第です。

開会に当たり小泉代表理事が、支援事務局の趣旨と活動について、ユーモアたっぷりに紹介。遠位型ミオパチーに限らず、多くの難病患者さんや支援者の皆さんの情報交換や交流促進をはかり、希少疾患と闘う人々の希望を支え、夢の実現に向けたネットワークづくりを目指すとのこと。

スタッフの皆さんもフレッシュで若々しく、はつらつさにあふれておられました。“レッドモンスター”と異名をとる子どもたちは、2時間で600筆の署名を集める猛者もいるとか。凄いですね。

free×FREEプロジェクトという構想も発表されました。ステッカー配布や富士山への登山など、パワフルで斬新なプランは、多くのドラマを生むことでしょう。

中岡さんも登壇し、難病に負けずに進んでいく決意を爽やかにスピーチ。多くの参加者の皆さんとともに、感動に胸を詰まらせました。「前進するために必要なものは希望ではなく意思の力である」という先人の言葉が心に残りました。


 (写真は中岡さんが描いたイラスト。患者さんを支える虹色の真心がイメージだとか)
 
甥っこの体調が少し悪くなったこともあり、途中で失礼させていただきましたが、多くの可能性を秘めたプロジェクトのスタートに立ち会うこと出来て、本当に良かったです。

希少難病患者支援事務局(SORD-ソルド-)の連絡先は、075-491-5553(平日15:00~20:00)、HPは、コチラをクリック。関心ある方はぜひお問い合わせください。

なお、京都新聞のHPにも記事が掲載されていますが、そこに私の後ろ姿も映っています。ホンマかいなと思う方はコチラをクリック。(1日付朝刊にも掲載されると思いますがね)

PS:お陰様で、帰宅してからは甥っこの体調は良くなりました。実は、中岡さんから先天性ミオパチー(ネマリンミオパチー)患者さんが加盟されている団体を紹介していただき、何と日本で最高峰の専門医の先生に診断を受けることができたのですが、その御礼もさせていただくことができました。関係者の皆さん、ありがとうございました。

民主幹事長発言に注目

2009.01.30 (Fri)
≪つれづれトーク≫

1月30日22時13分配信の時事通信記事にビックリ! 何と民主党の鳩山幹事長が記者会見で、定額給付金については地方議会での予算成立を容認すると述べたというのです。どうゆうこと???

記事を紹介します。

『民主党の鳩山由紀夫幹事長は30日の記者会見で、地方議会に提出される定額給付金を盛り込んだ補正予算案への対応に関し、「国政で決められたものに一部の地方議会が反対し給付できないことになれば、公平性に欠ける」と述べ、国としての実施が確定すれば成立を容認する考えを明らかにした』

はっきり言って理解できません。前日の代表質問では「究極の大愚策であり、悪質な選挙買収であり、税金の無駄遣いだ」と、口をきわめてメリ罵倒していたではありませんか。懲罰動議に臆してしまったのでしょうか?

あるいは、地方議員から反発が殺到したのかもしれません。そりゃあそうでしょう。市民感覚と一番近いのが地方議員なのですから。小沢代表の地元・奥州市議会では27日の臨時会で、定額給付金の撤回を求める意見書を反対多数で否決したほどなんですよ。

要するに、民主党国会議員の主張は口先のパフォーマンスに過ぎないということが、この土壇場にきてあからまさになった訳です。

政局より政策が大事。心ある民主党の皆さんに言いたい。ねじれ国会の不毛な党利党略の権力闘争をやめて、100年に1度の国難を克服するため力を合わせ、智恵を絞って議論を闘わせ、迅速な政策を打ち出していこうではありませんか。

今日の午後は、予定を変更してTVを視ました。太田代表の代表質問、凄かったですよぉ~っ! 心を揺り動かす堂々たる雄弁に、大感動です。自語相違の人たちとは役者が違いすぎ。トップが太田さんの党で良かった!

マスコミ報道に疑問

2009.01.29 (Thu)
≪MyOpinion≫ 

激動の時代のかじ取りを担う政権与党の使命は重大です。国民の叱咤激励は甘んじて受けねばなりません。しかし、今のマスコミの論調はあまりにも偏り、理解に苦しむような度を超えた非難が多すぎるように思えてならないのです。

最近、お恥ずかしいことに気管支炎をこじらせ、朝や夕方の情報番組いわゆるワイドショーを見る機会がありました。ビックリしたのが、劇場型政治を炊きつけんばかりの偏向報道としか思えない番組が多く見受けられたのです。感情的な“批判のための批判”がこれでもかと繰り返され、それが各チャンネル横並び。

そう言えば、記憶に新しいところではエリカ様やホリエモンなどが、人格否定の猛烈バッシングを受けていましたよね。コメンテーターの裏付けのない(無責任な)悪口を何度も何度も聞いていると、ホンマかなと思ってしまうのが恐ろしいところです。

ちょっと昔の事件では、松本サリン事件の第1発見者・河野義行さんを、よってたかって犯人扱いしました。それはそれは強烈な思い込み報道でしたが、誤認が判明した時、誰か責任を取ったのかな?

いま、集中砲火を浴びている『定額給付金』が、まさにそうような状態におかれています。この政策は、とんでもない世紀の愚策とまで非難され、胡散臭さを感じている人も多いようです。

でも、本当にそうでしょうか? 私は、この政策への批判は的はずれだと思っています。客観的かつ論理的に報道するべきであるのに、まったく不誠実で情緒的としか感じられません。

その理由を下記に列記します。

1.一人12,000円は安すぎると言い、総額2兆円は高すぎると言う。どちらなのでしょうか? 単にケチをつけているだけではないですか。

2.台湾で給付金が支給され大反響があり、景気回復の効果が出ている状況なのに、なぜ報道しないのでしょうか? 都合の悪い事実には頬かむりしているのなら、それは裏に何か意図が働いているのでしょうか。

3.それ以外にフランス・米国・イタリア・オーストラリア・カナダ・韓国なども特別給付金を支給したり、本年に実施を予定しています。この手法は世界の潮流であるのですが、なぜかあまり報道されていないですよね。

いかがでしょうか? 読者の皆さんはどのような感想をお持ちですか?

さて、もう1つ、お付き合いください。

オバマ大統領が誕生した米国では、日本以上に厳しい状況に置かれており、その動向が注目されています。演説がうまいとか行動が早いとかと褒めておき、返す刀で麻生総理を茶化しているように見受けられます。

しかし、日本のマスコミの米国の経済政策への報道を見る時、私は違和感を感じてしまうのです。あれだけ日本政府を愚弄するような批判をしていながら、米国に対しては及び腰ではないですか。

1.米国は昨年に、給付型所得税減税を小切手郵送というアバウトな手法で実施しました。本年もオバマ政権は勤労世帯約9万円を公約しています。日本がバラマキと言うのなら米国はもっと徹底したバラマキではないですか。なぜ非難しないのでしょうか?

2.米国のやり方では非課税世帯に恩恵はありません。それに対して日本のマスコミは「低所得者切り捨て」と非難していない。おかしいではないでしょうか!

3.28日夜のニュースでは、オバマ大統領が議会に乗り込んで共和党幹部と経済対策の協力を取り付けたとのこと。緊急事態を重視した両党の真剣な態度であると評価しておきながら、日本の野党が不毛な反対を繰り返し姑息な駆け引きを仕掛ける卑怯さをなぜ非難しないのか?

それ以外にも、言いたいことはいっぱいあります。キリがないので、あと2つだけ言わせて下さい。

1.物価が上がるのに所得が増えない低所得者層への支援と、商店街や中小企業が息を吹き返す景気対策、このいずれの効果も期待できる政策であるのに、なぜ「ダメだ」と言い切れるのか。その経済学的根拠は何か?

2.マニフェストに給付式定額減税を謳っていた社民党が今頃になって反対しているのを、なぜ二枚舌と批判しないのか。

長々とすみません。最後までこの文章にお付き合いいただいた方、ありがとうございます。スッキリしました? 私はスッキリしました。

1月度上京支部定例会

2009.01.28 (Wed)
1月28日夜7時より西陣織会館会議室で、1月度の公明党上京支部定例会を開催。お忙しい中を100名近い党員さんが参加され、熱気あふれる新出発を切ることができました。



写真は左後方から撮影したので、女性が多く映っていますが、実は男性と女性が同数でした。関心を多く持っていただいているのだと、改めて実感。
 
会合では、青年局と女性局の代表が元気いっぱいに活動報告をしていただいた後、私が市政報告。話題の定額給付金については、皆さん真剣な表情で聞いてくださいました。公明新聞に掲載された記事はわかりやすいとホンマ好評です。

2月に予定しているイベントの概要も発表しました。不条理ともいうべき逆風の中を踏ん張っている党員さんにとって、希望を持っていただく節目になるものと確信しています。皆さんの瞳が輝いていました。

大筋はこれから煮詰めますが、昨年の夏に開催して好評でしたので、実行委員会を立ち上げて、党員以外の方々にも気軽に参加いただけるよう門戸を開いていきたいなぁと思っています。

なお、ボランティア団体・上京ハッピマザーの井上代表が、婦人党員さんも多く活躍していただいたプルトップ回収活動の模様を紹介してくださいました。小さな善意が積み重なって、福祉の増進に寄与できる喜びを分かち合うことができ、大きな拍手が寄せられました。

お初天神にて街頭

2009.01.25 (Sun)
1月25日午後1時から、お初天神で賑わう北野天満宮前で、毎月恒例の天神さん街頭を敢行。前府会議員の田中たくじさんとジョイントで、寒さを吹き飛ばして頑張りました。

カゼっ気を押して、スケジュールを詰め込んで奔走していたので、少し体調が心配だったのですが、カーデガンとベストと例のジャンパーを着こんでのまん丸のムクムク状態。これで防寒はばっちりです。

マイクを握りながら、地域の安心安全のために奔走している活動の模様と、携帯電話リサイクルや妊婦健診14回拡充などの、最新の成果を声を弾ませて報告。

国政では野党が自語相違の無責任な駆け引きを展開して、補正予算成立に抵抗していますが、その実態をくわしく紹介し、庶民の側に立って経済危機克服に戦っている公明党の姿勢を訴えました。

太田代表が発表した「グリーン産業革命」構想は、オバマ新大統領の「グレーン・ニューディール」とも呼応する、ダイナミックかつ先進的なプランです。疲弊しつつある日本が再生し、再び世界に貢献するための不可欠な視点ではないでしょうか。

「空虚なパフォーマンスが横行する中で、責任ある与党・公明党は具体的な施策を誠実に提案しているのです」と叫ぶと、何人かの方々が笑顔で手を振っていただきました。

治りかけのカゼがぶり返してはいけませんので、大事をとって午後からの予定をキャンセル。事務所で企画書や予定表づくりなどの作業に没頭しました。おかげで、2月末までの上京支部の活動がスッキリと明確になりました。ケガの功名ってやつですね。

ご心配をおかけし恐縮の限りですが、無理することなく、心身を充実させて価値的に活動し、着実な前進を積み重ねてまいります。

マンションフォーラム聴講

2009.01.24 (Sat)
1月24日午後からウィングス京都で、京都市マンションフォーラムが開催され、築34年のマンションに住む私も参加。管理組合の活動に励んでこられた“達人”の知恵を学びました。 


 
会場には、京都市内外のマンションに住んで、効果的な管理の在り方を志向される方々が詰めかけ、熱心にメモを取っておられました。もちろん私も。

4人のパネラーの方々は、それぞれ大規模マンションの管理責任者として苦労を重ねておられ、貴重なノウハウを披露して下さいました。本当に勉強になりました。マンション居住者にとって実に有意義な催しを企画した都市計画局に、心から拍手を送りたいと思います。

20年以上理事長を務めている方の高レベルの具体例には、ほとほと感心させられましたし、今年度から輪番の理事長となったホヤホヤの方が真摯に頑張っておられる様子にも感動しました。

聴講して実感したのは、いかに合意を形成するのか――という1点の困難さです。利害がぶつかり合う修羅場もあったかもしれません。そんな中で、現状を正視眼で見つめ、傍観したり妥協したりせず、まして責任を放棄することなく、住民のために粘り強く奮闘しておられるのです。そういう方々が頑張っておられるマンションに住む人は幸せでだなと感じました。私も気合いが入りました。

午前中は、上京区老人クラブ連合会の方々の行事に参加させていただきました。雪の舞う寒さを吹き飛ばすような、参加者の意気にふれて、私も元気になりました。

フォーラムの帰途、社会福祉会館など2ヶ所に立ち寄り、2月以降の政務調査活動の準備作業をコツコツと。綿密な企画を徹して煮詰めるので、白髪が増えそうです。名誉のナントカってやつですね。

妊婦健診14回無料に

2009.01.23 (Fri)
1月23日付京都新聞夕刊に、京都市の妊婦健診公費負担を、来年度から14回まで無料とするとの記事が掲載されました。

思わずガッツポーズです! 地域で語り合った子育て世代のお母さんたちの顔が浮かびました。2人目をどうしようかと悩んでおられるご家庭などにとっては、まさに朗報となったのではないでしょうか。

これは、昨年末に公明党市会議員団が門川市長に、21年度予算要望として提出した176項目の施策の中でも、特に重視して求めた「重点項目」でありました。

妊婦健診については、京都市は20年度が始まるまでは、公費負担は1回までであったのを、20年度に一挙に5回まで拡充できたのですが、来年度からは予算要望で求めていた通りの回数を勝ち取ったのです。

長期的ビジョンで、少子高齢化社会に真剣に取り組み、弱い立場の庶民の側に立った政策を提言してきた努力の積み重ねが、具体的な形で実り、こんなに嬉しいことはありません。

今回の施策をはじめとして、新婚家庭や子育て家庭が、「京都市に住みたいな」と、どしどし転入してこられるような魅力的かつクリエイティブな施策が次々と発表されたら、大いに活性化していくのではないかと確信するものです。

読者の皆さんからも、これはというようなアイデアがあれば、びしばしご提案くださいますよう、お願いします。

※今日は、「びしばし」「どしどし」などの擬音(きおん)が多いですが、気合いが入っているとご了承くださいませ。

ハッピーマザー贈呈式

2009.01.22 (Thu)
1月22日午後3時過ぎから、上京区の介護老人福祉施設つきかげ苑さんにて、上京ハッピーマザーの皆さんから寄贈された車椅子の贈呈式がおこなわれ、私もオブザーバーとして参加させていただきました。


(写真はクリックして拡大してくださいね)
 
ボランティア団体である上京ハッピーマザーには、家内をはじめ何人かの婦人党員さんもおられ、そのご縁で私も側面からバックアップさせていただいています。

市民の皆さんから善意で提供していただいた缶ビールやジュースのプルトップを回収していく運動なのですが、それが年々多くの方々から期待と評価が集まり、今は年2回の回収でトラックいっぱいになるほど。

昨年に実施した回収でも600Kgに達し、提携されている業者さんで換金した収益で立派なリクライニング式車椅子が購入できたので、このたび、つきかげ苑さんに寄贈させていただいたという訳です。

高齢者の方々を慈悲の心で介護される職員の皆さんと、ボランティアに汗を流しておられるお母さんたちとの爽やかな懇談の様子を傍らで拝し、私の心は清らかに洗われていきました。

これからも、京都活性化のため、高齢者の皆さんのため、頑張っていこうと決意を新たにできました。

青少年活動推進協議会

2009.01.22 (Thu)
1月22日午後、本能寺文化会館5階ホールで、京都市青少年活動推進協議会の総会が開催され、京都市会くらし環境委員会副委員長として参加させていただきました。

その模様を報告させていただくのですが、昨日に続いて硬い文章になってしまいます。くれぐれもお腹を壊さないよう、よ~く噛んでくださいませ(?)

さて、総会では門川市長が進行役を務めるという異例の形式で進行。このような協議会の定例だとか。京都市会からは富議長、くらし環境委員会の山岸委員長と2人の副委員長が出席。行政や学識者だけでなくカウンセラーや各種地域団体の方々、京都府警や家庭裁判所からも代表が出席していました。

まず、市民公募の青年委員から「京都市ユースアクションプラン」の進捗状況および施策評価の在り方について報告がありました。2大学の学生と若手市職員の協働によって、青少年自立への諸施策の状況をきめ細かくチェックされており、感心しました。若い世代の視線を重視することは大事ですよね。

次に、放送大学教養学部の宮本みち子教授が「自立に困難を抱える青少年の支援について」とのテーマで講演。若い世代の参画が遅れている日本にあって、京都が先駆していることを讃え、「京都モデル」を全国に発信してほしいとの期待を寄せられました。

続いて、若者が社会から排除されている実態を指摘。競争主義の劣悪な労働環境にダメージを受けるケースや心身の障がい(精神神経疾患と発達障がい)に加えて、特にここ5年は家庭の崩壊や貧困の影響が大きくなってきているとのこと。深刻です。

欧米の取り組みを通し、包括的な支援システムの構築が不可欠と提言され、参加者一同大いに共鳴し熱心にメモをとったり頷いておられました。

宮本教授は、本年度から京都市でスタートした『地域若者サポーター制度』に期待しておられます。私もまったく同感です。何よりも、問題を抱える青少年の多様な実態を把握しなければ、的確な対応ができません。京都が誇る地域コミュニティーいわゆる町衆の伝統が、大きな力になっていくのではないでしょうか。

私も勇気を出して手をあげ、我が家のエピソードを語りました。思春期を迎えた長女が「学校に行きたくない」と涙を流した時、妻が必死で悩み、懸命に抱きかかえて乗り越えたのですが、昔はどこにもいた“いっちょかみのおばちゃん”が支えてくれたことが幸せでした。ついでに、名声や財産に翻弄されることが『心の貧困』を生みだすのではないかと、ちょっぴりエラそうな意見も付け加えたので、一部には顰蹙(ひんしゅく)だったかも?

どっさりと資料を持ち帰りました。欧米の先行事例も気になります。勉強せなあかんことが一杯。うれしい悲鳴ですが、やり甲斐があります。

夜食やお菓子を食べて太らないよう、十分に気をつけて研鑽に励んでいこうと思っちょります!

京都の未来のために

2009.01.21 (Wed)
≪MyOpinion≫

このほど、京都市が環境モデル都市に認定されました。京都議定書の舞台として、地球環境問題に積極的に取り組んできた成果だと思います。同時に、今後もいっそうの充実をはかり、日本の先駆を切らなければならないのではないかとの思いを深くしています。
 

 
門川市長誕生から1年。市民と行政、学識者、経済界等が、お互いを尊重しながら“共に汗を流す”という流れが加速してきました。ある意味、他都市のモデルにもなるくらいだと思います。

この象徴的な取り組みが、地球温暖化問題への提言を重ね、10年間の長きにわたって市民啓発活動を展開してきた『京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム』の活動ではないでしょうか。

さる1月16日、京都商工会議所の講堂でフォーラム設立10周年記念シンポジウムが開催され、私も聴講させていただきました。テーマはずばり『私たちの未来を描く ~京都が変われば日本が変わる~』。

パネリストは、フォーラム代表の内藤正明京都大学名誉教授、京都経済同友会の上村多恵子常任幹事(京南倉庫社長)、京都市の大島仁地球環境政策監、NPO法人環境文明21加藤三郎代表、気候ネットワーク田浦健朗事務局長など、多彩な顔ぶれでした。

内藤氏は京都からモデルを作るという志を持って国を動かすしかないと熱く語り、田浦氏は、各界のパートナーシップで京都版のグリーンニューディールをと訴えました。上村氏は、環境を重視する経済への仕組み作りを論じ、大島氏は長期的ビジョンの景観・教育・環境行政の方向性を提起。各々の議論に目から鱗の連続でした。

特に場内から圧倒的共感があったのが、加藤氏の議論でした。地球環境問題は文明の病であると喝破し、経済から環境に一切の主軸を転換すべきであるというものです。本当にそのとおり!

失われつつある日本の価値観「知足(ちそく)=足るを知る」を見直し、文化と伝統を守り抜いた先人の智慧を学ぶべきとの主張に、平日にもかかわらず詰めかけた300名近くの聴衆(しかも9割が男性)が大きくうなずいていたのが印象的でした。

未来の京都を志向する全ての人びとにとって、大きなヒントになったシンポジウムだったと実感しています。参加して本当によかった!

エゴや拝金主義が横行し、大人も青年も子供たちも、氾濫する情報に飲み込まれて自分を見失っています。このような時代こそ、命の尊さを最優先する価値観が大事であると確信します。

野心と保身とプライドに振り回されるのではなく、ありのままの自分で、ただひたむきに地域や社会に貢献している生きざまこそ、人として最高に尊い姿であると自らに言い聞かせて、私自身も頑張っていこうと決意しています。
 | HOME |  Next »