吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

素晴らしき師弟の絆

2008.12.31 (Wed)
≪つれづれトーク≫

ようやく大晦日になって年賀状大作戦が終了し、慌ただしく大掃除に突入しました。ほこりまみれ汗まみれ、やればやるほど深みにはまっていき、まるで底なし沼状態です。

それというのも、ここ数日間は人気ドラマの再放送が各チャンネルで競うように放映されており、ついつい視てしまうので手が止まってしまい、夕方になってから「早くからやっとけば良かった・・・・・」と後悔しながら拭き掃除に追われているのです。アホやなぁ。

いくつかのドラマの中で特に感動したのは、「ROOKIES」の最終回。大人気ドラマでしたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。不良野球部を熱血教師が立て直して甲子園を目指すと言う、ある意味ベタなストーリーですが、これが大感動。多くの小中高生を虜にしたドラマなのです。

私が掛け値なしで共感したのは、ピンチに陥った時に選手たちが不在の監督を想って、「こんな時に先生ならどうするのだろう」と自問自答したり、監督がベンチに戻った時にはイカツい男たちが涙を浮かべて「先生っ!」と叫ぶシーン。

嬉しいことに、こんな私にも心の底から敬愛し、ウラオモテなく「先生」と呼べる方が何人かいらっしゃいます。ドラマを見ながら「あー、おれと同じや!」と、妙に感動しちゃいました。

そう言えば、今年もう1つ流行ったドラマも、超型破りな教師が主人公でしたね。そう、『ごくせん』です。このドラマでも、生徒たちが「先生っ!」と叫んでいました。生徒のために必死で戦う教師は、どんな人でも心から尊敬できる師匠です。

大阪の知事が教育委員会とバトルを繰り広げて話題になっていますが、教育現場で理屈抜きの「師弟の絆」がしっかりとあれば子どもたちは幸せだと、私は確信しています。

いじめ問題や不適格教師、不祥事問題が不信感を増幅しているので、各学校の先生方は本当に大変だと思いますが、私たち大人も、師を求めていく生き様が素晴らしいということを、改めて自覚して子どもたちに接していくべきではないでしょうか。

学校の先生やお医者さん、習い事のお師匠さんを「先生」と呼ぶのは当たり前ですが、私たち議員も「先生」と呼ばれています。ほんと気恥かしく、いまだに慣れません。市民のために闘うことは、当たり前なのにね。

まだまだ未熟ですが、真剣の二字で研鑽に励み、多くの方々から尊敬していただけるように、頑張っていかなあきまへん。

そんなことを考えつつ、このブログを打ち込んでいたら、あっという間に休憩時間が終わってしまいました。ホコリを洗い落とす頃には、紅白が終わってしまうかもしれません。ぐすん・・・・。

読者の皆さんへ。今年1年ほんとうにお世話になりました。2009年も頑張りますので、いっそうのご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

やるやん、キムタク!

2008.12.29 (Mon)
≪つれづれトーク≫

年末も押し迫ってきましたね~っ! おそまきながら年賀状大作戦に奮闘しています。公職選挙法で選挙区内の方へは年賀状はお送りできませんので、上京区以外の友人・知人に写真入りの年賀状をお送りする予定です。

でも、それではあまりに水臭いので、上京区内の方には、手作りの『吉田たかお通信』号外を官製ハガキでお送りすることにしました。苦肉の策ってやつですね。

ウラオモテを手書き感覚で作成しますので、手間はかかりますが、その分あたたかい気持ちがこもるので、喜んでいただけるものと確信しています。

汗をかきかき、あて名書きをしながらテレビを視ていましたら、キムタク主演のドラマ『HERO』の再放映がいっきょ放映されていました。

おもわず筆が止まって見入ってしまい、家内から容赦ない叱咤が。それでも懲りずに、ぐんぐん引き込まれてしまいました。いやぁ、面白いですねぇぇぇ~っ!

キムタク演じる異色の検事は、既製の観念にとらわれない型破りの行動力が魅力。難事件に遭遇しても、必ず現場に足を運んでヒントをつかんでしまいます。マジ、共感してしまいます。

私も、頼りにしていただいている支持者の皆さんのために、苦労を厭わずに、現場感覚で走っていかなあかんなぁ~と、反省しました。

年末年始のあいさつ回りも佳境ですが、庶民の代表として、多くの方々に信頼していただき、喜んでいただけるよう、走りぬいていこうと、改めて決意しました。

成逸・仁和学区をよしだッシュ!

2008.12.27 (Sat)
12月27日は朝から夕方まで、成逸学区と仁和学区をさわやか訪問。寒さを吹き飛ばして密度の濃い語らいを展開しました。

あるお店では、公明党が政策本位で頑張っていることに対して、絶大な評価をしていただきました。不平不満を煽り立てるだけの無責任野党の本質を見抜いている方は多いですね。

また、「小沢代表は田中支配時代の生き残りやから党利党略を優先するんや」とか、「民主党政権になったらマスコミは手のひらを返してスキャンダルを暴きたてるのではないか」と鋭い見方をされる方もおられ、賢明な町衆の心意気を実感しました。

不毛な権力闘争ではなく、厳しい経済を立て直すために、与野党が真摯に話し合うべきであると、私の持論を申し上げると、賛同して下さる方が多かったです。

自民党と民主党のレフリー役として、庶民の目線に立つ公明党の使命は大きいと、改めて確信することができました。

夜は、消防団の皆さんへの感謝を込めての挨拶まわり。滋野・春日・京極・室町・中立・小川・仁和学区を訪問し、防災・防犯・経済政策等について貴重な意見交換をさせていただきました。

寒さ厳しい中を、外回りして火の用心を呼びかけておられる団員さんたちのご苦労に、心からの敬意を表する次第です。

上京区の安心安全のために奮闘しておられる方々と、心を合わせて共に汗を流して、頑張っていこうと決意を新たにしました。

消防団の皆さんに感謝

2008.12.26 (Fri)
12月26日は朝から寒~~い1日でした。夜は区内の消防分団10ヶ所を訪れ、年末特別警戒に出動しておられる団員さんに御礼の言葉をかけさせていただきました。

夜8時過ぎから、前府会議員の田中たくじさんと一緒に、正親・出水・待賢・聚楽・桃薗・嘉楽・乾隆・西陣・成逸・翔鸞学区の消防分団詰所を回りました。笑顔の歓待に感謝です。

昨日からの寒波で、身を切るような寒さでしたが、田中さんの豪放磊落なトークに、詰所の皆さんは朗らかな笑顔を浮かべておられました。

残念なことに、この日の午後、区内で火災が発生してしまいました。迅速な消火活動で、被害は最小限に食い止めたとのことですが、火事の可能性が高くなる年末には、今以上の警戒が必要と実感した次第です。

明日は、仁和学区を訪れた後、堀川より東側の6学区の分団を回って、感謝の気持ちを込めて、日頃のご苦労をねぎらわせていただく予定です。

なお、日中は大阪に出張して、経済対策や地方自治などの多彩な政務調査活動を敢行。大いに勉強になりました。

いよいよ押し詰まってまいりますが、気を引き締めて、年末の活動を無事故で勝ち飾っていこうと決意しました。明日のために、あなたのもとへ、よしだシュ!!

乾隆・嘉楽へ雨中の訪問

2008.12.25 (Thu)
12月25日は朝から小雨が降る肌寒い天候のなか、乾隆・嘉楽学区を自転車でさわやか訪問。雨のためか在宅の方が多く、有意義な1日となりました。

私が子供時代から大変にお世話になっている方の親戚の方は、「公明新聞も読んでいるし、庶民のための政策を推進していることは良くわかってますよ」と言ってくださいました。うれしかったです。

両学区とも山城高校の同級生や先輩がおられる地域。「雨の中をようこそ!」と歓迎していただき、感激でした。

午後からは、北野天満宮の終い天神に参拝の方々へ元気いっぱいに街頭市政報告会。前府会議員の田中たくじさんとジョイントの演説ですが、「ゆっくりわかりやすく話せるようになってきたなぁ」と田中さんからお褒めが。

田中さんを送ってからは、単独で引き続き街頭へ。千本今出川と丸太町交差点の2ヶ所で頑張りました。人通りは多かったです。

その後は市民相談に走り、事務所に戻って吉田たかお通信8号の製作作業。頭がぱんぱんになりそうです。

雨は降ったりやんだりですが、心は晴ればれ。充実感でいっぱいです。熱いハートで頑張りますので、街かどで見かけたら声をおかけくださいね。

葭屋町出水のマンホール修復

2008.12.24 (Wed)
【市民相談が結実】

堀川出水を西に少し入った葭屋町通り近くのマンホールが欠落しており、危険ではないかと市民の方からご相談があり、近隣の方に取材した際にも車が通るたびにガタガタと音が鳴っているとのことでした。

さっそく行政に対応を申し入れていたのですが、このほど連絡が入り、応急処置としてキレイに修復されたとこと。本日、写真を撮影しに現地に直行しました。近隣の方々も喜んでおられ、本当に良かったです。



このように、かなりキツイ状況でしたが、応急工事の結果、下写真のようになりました。 



車が通る際の大きな音もほとんど無くなったとのこと。これからも、市民の皆さんの笑顔をパワーに、上京区中をよしだッシュしてまいります!

さわやか訪問&街頭

2008.12.24 (Wed)
12月24日は中立・滋野・正親・聚楽の各学区を朝から夕方まで、元気いっぱいにさわやか訪問。40軒以上のお宅で対話の花を咲かせました。

生活に密着した身近な政策のヒントは、やはり現場にありますね。いろいろな貴重なお話をお聞きできました。良かったです。

吉田という名字とダッシュを足して“よしだッシュ!”というキャッチフレーズですと自己紹介すると、皆さん笑顔で頷いていただきました。

上京区の隅々まで全力疾走で走り回りますので、街かどで見かけたらお気軽に声をお掛けいただきたいと思います。

夕方からは、メッサ北野前とスーパー北野前の2ヶ所で街頭市政報告会。声をかけてくださる方、にっこりと笑顔を送ってくださる方に、心がジーンと熱くなりました。

年の瀬も押し迫ってますが、勇気凛凛と走り回ってまいります。

仁和・出水学区55軒訪問

2008.12.23 (Tue)
12月23日は昨日と打って変って寒い1日でしたが、元気いっぱいに仁和学区と出水学区を歩き、55軒のお宅をさわやか訪問しました。

休日ということもあって、普段はなかなか会えない方もお会いでき、じっくりと話すことができました。良かったです。

「世襲議員も派閥も無い公明党に期待してます」「よう頑張ったはるねぇ」と励ましていただき、感激で胸がいっぱいになりました。

また、一部マスコミが面白おかしく政治をショー化していると憤慨する方もおられました。パフォーマンスの浅はかさを指摘する方も。庶民の賢さを実感しました。

ここで朗報です。下の写真をご覧下さい。千本中立売交差点の東北角に、鉄製フェンスが設置されたのです。 


 
これは、自転車やバイクと歩行者の事故が起こってからでは遅いと、秋前から行政に依頼していた安全対策の申し入れが、実現したものです。 

さわやか訪問の後で、自転車に拡声器を積んで交差点に移動して、寒風の中で街頭市政報告会を敢行したのですが、その時に撮影しました。

シャッターを押した瞬間に気付いたのですが、左端に自転車に乗って映っているのが婦人党員さん。すごい偶然ですよね!

フェンスができたことで、歩行者が横断歩道よりも車道側にはみ出すような危険な事例が減ると、喜んでおられました。今朝完成したばかりのホヤホヤとのこと。

市民の皆さんから喜んでいただき、疲れも吹き飛びました。明日も寒いとの予想ですが、がんがん地域をあるきまっせ~~~っ!

出水・翔鸞学区50軒訪問

2008.12.22 (Mon)
12月22日は、地元出水学区と翔鸞学区を約50軒さわやか訪問しました。寒かったですが熱く燃えた1日でした。

出水学区では、多くの皆さんが「頑張ってやっ!」と熱烈な応援をして下さいました。嬉しかったです。御恩返しさせていただきます。

翔鸞学区は山城高校時代の先輩や同級生がたくさんおられます。心強い励ましをいただき、元気いっぱいになりました。

こうしてコツコツ地域を歩くと、政策提言につながる貴重なご意見を頂くことができます。福祉・子育て・経済対策などなど・・・・・。本当にありがたいです。

ただ、雨模様のために、両学区とも歩いて回ったので、最後はくたくたになりました。今晩は熟睡できますなぁ~!

室町・小川学区60軒訪問

2008.12.19 (Fri)
12月19日は室町・小川学区をさわやか訪問。婦人党員さんが交代でパートナーを務めてくださり、60軒のお宅にあいさつ回りさせていただきました。

福祉・環境・教育・経済問題など、語られる内容は多種多彩。ナマのお声を聞くことは、本当に大事ですよね。

パフォーマンスが前面にでるバラエティー政治ではなく、地道に政策を立案し推進していくことが大事であり、与党の中で公明党がエンジン役になっていることを紹介すると、皆さん満面の笑顔で期待を表明してくださいます。

庶民の期待に応え、京都活性化の役に立つよう、全力で頑張ろうと決意できた語らいとなりました。寒かったですが、心は熱く燃えた1日となりました。

このさわやか訪問、来週は5日間の予定です。ばりばり動きまくるので、ちょっぴり痩せるかも(?)――って不謹慎な期待にときめく吉田たかおでした。

読者の中で「うちにも来とくれやっしゃ」という方がいらっしゃいましたら、お気軽にメールを下さいませ。

なお、京都市会HPに、12月16日の最終本会議の録画中継が始まっています。私が討論演説で登壇した時の騒然とした野次合戦の雰囲気の一端が伝わってきますので、ご関心ある方はぜひご覧ください。
 | HOME |  Next »