吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

仁和さわやか訪問

2008.10.15 (Wed)
10月15日夜は、生まれ育った仁和学区をさわやか訪問。20代の頃からお世話になっている先輩の布施さんと一緒に、壮年党員さんや支持者の方々のお宅を訪問しました。

布施さんの熱い思いが通じたのか、お留守のお宅もなく、じっくりと話をさせていただくことができました。おーきにです!

そのなかのあるお宅で、「自民党とくっついていることに抵抗がある」という趣旨の話が出ました。いろいろと話すと、江戸時代の悪代官と結託する悪徳商人のようなダーティーな印象があるとのこと。

これは、ゆゆしき話です。あいまいで中途半端なお願いで終わらせず、誠実にキメ細かく説明をさせていただきました。

その内容を、下記にダイジェストで紹介します。

バブル崩壊で経済が瀕死の状態にあった頃、自民党は社会党と新党さきがけと連立を組んでいました。そして、その内閣は阪神淡路大震災における無責任極まりない初動の遅れに代表されるような、無能さをさらけ出して政治の混乱を長引かせ、みじめな崩壊を余儀なくされたのです。

その後の政界は、銀行や証券会社が倒れる恐慌の一歩手前と言うべき壊滅寸前の経済を立て直すどころか、国民不在の党利党略に明け暮れていました。比例区で当選した議員が平気で脱党を繰り返し、いろんな党が生まれては消えていったことは、忘れることはできません。

そんななか、当時の小渕首相から、日本を立て直すために力を貸してほしいとの真摯な申し入れがあり、熟慮の結果のすえに公明党は連立を決断したのです。

公明とが連立政権にいたからこそ、政治資金の透明化が進みました。1円以上の領収書義務付けは、自民・民主の抵抗を押し切って実現したのです。官製談合防止法も、議員立法で成立させました。

それだけでなく、長期的視野で少子高齢化社会へのビジョンを打ち出し、子育て支援に大きな成果を出すと同時に、弱い立場の方の側に立った政策を次々と実現させていったではありませんか。

自民党とくっついて、何もしないのであれば問題ですが、日本発世界恐慌を食い止め、イデオロギーが前面に出る憲法論議を正常化させ、中国との関係修復の橋渡しとなり、ジョブカフェの拡充で若者雇用促進の原動力となっていったのです。

これらを、丁寧かつ節度をもって話すと、相手の方は大いに納得していただきました。布施さんも大喜びです。金曜日の仁和さわやか訪問第2弾にも、大きな弾みとなりました。

なお、15日午前は、京都会館で京都市役所110周年記念式典が挙行され、来賓として出席させていただきました。その後、市役所に移動して、たまっている事務作業を徹底的に処理しました。目がくらくらしそうな疲労に覆いかぶされていたのですが、さわやか訪問のおかげで、心から元気になりました。


 
写真は、門川市長のあいさつの模様です。地域に根を張って汗を流している方々からも、「あいつ、やりよんなぁ!」と感心していただけるよう、頑張っていこうと決意しました。

神戸に行きました

2008.10.13 (Mon)
10月13日、雲ひとつない快晴の祝日。親戚と一緒に家族で元気いっぱい神戸に行きました。

遠い親戚宅でしたが、来訪を心から喜んでいただきました。毎年というわけにもいかないのですが、会うごとに子どもたちが見違えるほど大きくなっていくのを驚いていただいています。

子どもたちも、家族でお出かけなので、るんるんでついて来てくれます。議員の家族のサガなのか、「公明党のポスター多いなぁ!」と歓声を上げていました。

嵐山のおじいちゃんが、「せっかくの休みなのに一緒に来てくれてありがとう」と、晩ご飯をご馳走してくれました。子どもたちは大喜び。日頃は留守番ばかりなので、輝く笑顔がまぶしかったです。

お年寄りも子どもたちも、体の不自由な人も、お互いが尊重し合い、励まし合っていくような、あたたかな社会を築くために、公明党の支持者の皆さんは、手弁当でコツコツと頑張っておられます。

それに対して、表面ではうまく愛想よく返事しながら、裏では「コワい」と言っている人が、まだまだ多いのが残念でなりません。今日お伺いした方のように、心から信頼してもらうためには、長い年月の対話の積み重ねしかないと、改めて実感しました。

16学区の運動会をダッシュ!

2008.10.12 (Sun)
10月12日はさわやかな秋晴れの運動会びより。上京16学区を全力でダッシュしました。 


           (写真は室町学区の開会式) 

先週の中立学区はあいにくのお天気だったので、心配されていたのですが、今週はうってかわって、暑いくらいの1日になりました。

早朝6時に起床して、地元出水学区の設営作業で汗を流した後、自転車に乗り換えて、招待状を頂いた4学区をダッシュ。

待賢・小川・室町・仁和学区の開会セレモニーに参加。司会から来賓として名前を紹介していただきました。晴れがましいことで恥ずかしい限りですが、支持していただいている方々が喜んで下さるのがうれしいです。 


    (姪っ子が仁和学区でブラスバンドの一員として練習の成果を披露) 
 
その後は、ご近所の元府会議員・田中たくじさんとペアで、自転車で各学区をダッシュ。翔鸞・乾隆・成逸・西陣・桃薗・嘉楽・聚楽・春日・京極・滋野・正親の各学区を訪れ、参加者の皆さんや役員の方々にあいさつしました。

党員さんやサポーターさんから、声をかけていただき、元気いっぱいになりました。地域に根を張ることは大事ですよね。

ラストは地元出水に帰り、いち参加者としてテントに陣取って、声をからして応援合戦。昨年に続いて玉入れに奮闘しました。(残念ながらリレー候補には最初から入っていないのです。ぐすん・・・・・)

終了後は撤去作業にダッシュしました。ふらふらでしたが、充実した楽しい1日でした。今このブログを描いているのは夕方、足洗いの前ですが、ひと足早くシャワーを浴びて実物の足を洗っちゃいました。本物の足洗いも楽しみ!

ここで、自慢話をすることをお許しください。上京区で7人の府・市会議員がいますが、運動会で町内の方々と一緒にテント等の設営・撤去で汗を流すのは、私だけではないでしょうか。えっへんっ!

これからも、親しみやすく頼もしいと思っていただける議員に成長していく決意です。

公明党への期待に感謝

2008.10.11 (Sat)
10月10,11日は感動のフル回転でした。混迷を深める政治の混乱を目の当たりにしておられる心ある庶民の方々から、公明党への熱いご期待の声をたっぷりと頂戴したのです。

10日は、7社の企業・店舗を訪問。与党が合意した緊急経済対策が、マスコミが言うようなバラマキではないことを語りました。

あるところでは「公明党こそ庶民の味方ですね」と感心していただき、心の中でガッツポーズ!

また、あるお店では「ずっと前から公明党を応援してるで。いまさら何言うてんの」と冗談交じりにお叱りを受けました。

不平不満を煽り立てるだけの野党への不信感は、思っている以上に大きいのだと実感。マニフェスト達成No1公明党の実績を語るたびに、ひしひしと期待の大きさを感じます。

11日は、天気予報を覆すような、さわやかな1日。親戚と一緒に、大阪の知人宅を訪問しました。あいさつ回りだけでなく、現在政務調査中の公園整備や迷惑駐輪対策が大阪ではどのような実情なのかも、じっくりと見学できました。

子育て支援やいじめ対策等についても関心がありますので、今後もお世話になっている大阪の議員さんにも御礼かたがた最新の政策を取材したいなぁと思っています。選挙が忙しくなるまでに行きたいのですがね。

公明党へのご期待を感じ、感謝するとともに、御恩返しのためにも研鑽を深めて、実効力ある政策へと昇華する決意です。

企業訪問・街角宣伝・出水さわやか訪問

2008.10.09 (Thu)
10月9日は終日爽やかな天気。半そでシャツで上京中をダッシュしました。

午前中から昼過ぎにかけて、7軒の企業・店舗を訪問。本会議代表質問や予算委員会での活動の模様を報告しました。

日中は皆さんお忙しくされていて、対話に時間を割いていただきにくいところが大半。次回からは訪問時間を考えたうえで、APを頂戴したほうがよさそうです。

それでも、市民相談に親身に乗って頑張ったことへの御礼を頂戴したり、別のお店では快くポスターを貼ってもいいと快諾いただくことができました。うれしかったなぁ!

夕方からは、西陣中央小学校区と乾隆小学校区の6ヶ所で街頭市政報告会を敢行。好評の辻説法式の街角宣伝です。買い物時間であったためか、多くの党員さんとも出会い、励ましていただきました。

6ヶ所すべてで手応えがありました。この手法は“アリ”ですねっ!――体力的に厳しいのがタマにきずですけど。

演説している途中でも、すれ違う近隣の方に向って、こちらの方から、とびっきりの笑顔で「おさわがせしています」とお辞儀するのですが、皆さん笑顔で「御苦労さまです」と返していただきます。誠実な礼節は通じるものですね。

夜は、地元出水学区をさわやか訪問。日頃あまりお会いできない壮年の方々5人と、じっくりと語り合うことができました。絶妙のタイミングでばったりお会いできた方もおられ、ドラマを実感。

いくつかの学区を回る中で会得した秘訣は、数を稼ぐために対話をそそくさと切り上げるのはダメ。「おかげ様」との感謝の気持ちを笑顔にこめて、和気あいあいと対話のキャッチボールを心がけていくのが大事だということです。

来週も実りあるさわやか訪問になるよう、生命力満々で研さんに励んでいかなあきません。PCに向かっている時間をいかに調整するか。難しい課題ですなぁ・・・・。

市民相談続々実現!

2008.10.09 (Thu)
9月から10月にかけて、お寄せいただいた市民相談が次々と解決し、ご要望が実現しています。まさに実りの秋!! 
 

  
写真は、丸太町松屋町上るの下水溝蓋です。コンクリートが欠落し長期にわたって水がたまったために草が生えていました。今回、上下水道局と北部土木の連携プレィで速やかに工事が実施され、長年の懸案が解決しました。近所の方々も大変に喜ばれています。

また、千本通りの歩道で煉瓦作りのタイルがいくつか緩んでしまい、猛スピードの自転車で浮き上がって危険との声が、幼稚園バスを利用するお母さんから寄せられていました。

商店街の方々からも要望を頂き、当局に申し入れたところ、迅速な作業が施されて解決しました。喜びの声が寄せられ、うれしい限りです。

もう1つ紹介します。本日の京都新聞朝刊に興味深い記事が掲載されていました。市長記者会見で京町家に徹底したアンケート調査を実施し、外観だけでなく内部の維持管理についても直接聞き取りをしていくとのこと。ビックリしました。

これは、町家再生に情熱を燃やしている青年実業家の方から、熱心なご意見を寄せて頂いたのを受け、市役所の各部署の中核を担う理事者に対して、次々と繰り返して質問や要望を申し入れていた内容に大変に近いものなのだったからです。

市民の目線
を重視した手法を用いての取り組みでもあり、期待できそうです。京都の財産とも言うべき町家の生の声を届けていく絶好の機会になることを、心から期待するものです。

これ以外にも、プライベートな内容のため、この欄で紹介できない相談もたくさんあり、粘り強く推進しているところです。

弱い立場の方の側に立って、これからもダッシュしてまいります。

室町さわやか訪問

2008.10.08 (Wed)
10月8日夜は、室町学区と小川学区の一部をさわやか訪問に歩きました。山城高校の同級生だった平ちゃんはじめ、一緒に回っていただいた壮年党員の皆さん、お疲れ様でした。

何軒かはお留守のお宅もありましたが、15軒回ってじっくりとお話ができました。中には「昔は良かったけど、今の公明党はあかん」と批判される方も。平ちゃんたちの表情がこわばります。

ここが勝負。誠実にひたむきに公明党の実績と政策を紹介すると、逆に「もっと上手にPRせなあかんでぇ!」と顔をほころばせていただきました。同行の皆さんも笑顔が戻りました。

高校時代に一緒にバイトした腐れ縁の壮年党員・谷やんも途中で合流して、ぞろぞろと歩きながら対話の花が咲きました。青春時代に戻って、あーだこーだと心はずませ談論風発。

様々に語り合いましたが、経済危機の瀬戸際に立つ今こそ、選挙目当てのバラマキではなく、政官業の癒着体質を転換する“ムダゼロ”を推進して、庶民の側に立つ政策を実現すべきだということで、意見の一致を見ました。

平ちゃんや谷やんも「また一緒に回りまひょ」と喜んでくれました。うれしい限りです。社会の荒波にもまれ奮闘している同世代の方々の期待にこたえていくためにも、頑張らなあかんと決意しました。やりまっせっ!

※なお、日中は企業・店舗を5軒訪問して、代表質問などの活動の模様を報告。公明党への期待の声を頂戴し、元気いっぱいになりました。

青年街宣・街角街頭・さわやか訪問

2008.10.07 (Tue)
10月7日は終日フル回転でした。早朝7時から二条駅で上京・中京区合同の青年街宣を敢行。レインボーガールズ8名がさわやかな笑顔で通勤・通学客の皆さんにビラを配っておられました。

その足で市役所に直行し、5件以上寄せられていた市民相談の案件について、各方面に連絡を取り解決への道筋を立てました。相談を寄せていただきた方からの「ありがとう、相談して良かったです」という喜びの声が励みです。

午後からは、中立・滋野・小川学区の6か所で街角市政報告。大きな交差点ばかりでなく一方通行の道の端に立ちマイクを担いで実施するのは、家の中でもよく聞こえると好評いただいています。耳障りにならないよう声のトーンに気をつけて、がなりたてずにゆっくりと話しているのが良いのでしょうね。

近所の方から、新たな市民相談も寄せていただくなど、実りある街頭市政報告会になっています。時間に余裕があれば、あと4ヶ所くらい実施したかったのですが、夕方の青年街宣のためにいったん事務所に戻りました。

6時半からは四条烏丸で上京・中京合同の青年街宣。めっきり暗くなっていましたが、男女青年局メンバーの笑顔は輝いていました。誇りに思います。

途中で抜けさせてもらい、車で事務所に戻って自転車に乗り換え、仁和学区さわやか訪問活動に合流。あわただしい1日でしたが、しめくくりの訪問対話では、4軒のお宅でじっくりと懇談させていただくことができました。

国政の動向に関心が大きいのですが、その一方で地域に根差して生の声を届けて弱い立場の方々の側に立つ政策を推進する公明党への期待も、もっと大きいと実感できました。ご期待にこたえるよう、頑張ります。

よし、だッシュ!!

終日街頭で訴えました

2008.10.06 (Mon)
10月6日は早朝から夕方まで、体力の限界に挑戦して街頭で訴えました。

7時からは四条大宮駅前で、上京・中京合同の青年街頭を敢行。レインボーガールズの皆さんと男子青年局の精鋭が、元気いっぱいに出勤される方々にビラを配布しました。

木村力議員と私も、負けてられません。笑顔2倍で「いってらしゃ~い」「お勤めご苦労さまで~す」と1時間声を出し続けました。

勢いある若さ爆発のアピールに、あとから来た民主の街宣車はたじたじとなっていたと思います。まだ8時になっていないのに、大音量で演説をスタートされたのは、焦りの表れかな?(ふつうは先に来ている陣営に遠慮するものなのにね)

いずれにしても、マイクのボリュームの大きさよりも相手の心を打つ誠実さが大事だと確信できた早朝街頭のひと幕でした。ひたむきな青年が圧倒的に多い公明党の存在感を示すことができたので、よかったです。

いったん準備しなおしたあと、お昼前から同志社大学近辺に移動し、女子学生のレインボーガールズの皆さんとタイアップしての街宣活動。「庶民の味方公明党が若者の声を届けます!」と訴え、たくさんの学生さんがビラを受け取ってくれました。

午後からは、若い青年局の皆さんにパワーをもらった勢いで、3社の企業を訪問。躍動感みなぎる対話ができました。「公明党さん、期待してまっせ!」と激励を頂戴し、元気いっぱいに!

夕方は、街角市政報告会に挑戦。待賢学区と聚楽学区の計5か所の街角でハンドマイクを手に訴えました。うれしいことに、その全ての場所でご近所の方がわざわざ家の中から表に出てきて声をかけていただきました。

さすがに疲労が蓄積したうえに、自転車のタイヤも空気が抜けてガタガタになったので、いったん事務所に引き上げました。 

きのう早く寝たおかげなのか、1日中雨にたたられることなく、終日の街頭大作戦は大成功でした。明日のお天気のためにも、今夜も早く寝ようかしらん?

雨の運動会

2008.10.05 (Sun)
10月5日は朝からあいにくの雨でしたが、新町小学校では元気いっぱいに中立学区体育祭が挙行されました。 
 

  
雨の中を奮闘されている皆さんにあいさつだけでもと思い、お伺いしたのですが、テントに招待していただいたうえに、マイクでも紹介していただきました。

参加者の方々や役員の皆さんに声をかけて回りましたが、雨を吹き飛ばすような勢いで頑張っておられました。心から敬意を表したいと思います。

その後は、三女の通っている幼稚園の運動会に移動。ここでも雨にもかかわらず多くの保護者の皆さんが会場を埋めておられました。

三女も元気いっぱい茶目っ気たっぷりに活躍していました。小ぶりになったのですが、グランドを考慮して私の出場予定だった綱引きは中止になりました。残念!

でも、滅多にお会いできない保護者の皆さん(特にお父さんたち)と交流出来て良かったです。

来週の12日は、上京区16学区でいっせいに運動会が開催の予定。お天気になればよいですね。 

時間短縮で運動会が早く終わったので、男子青年局のライオン街宣の出発に駆け付けてることができました。土日の午後に上京区一円を走っていただいているボランティアの青年たちに感謝感激です。

その清新な決意のまま、家族と母親を車に乗せて親戚宅に歴訪。議員活動の報告をしたところ、心から喜んでいただきました。

明日からは、連日の早朝街宣が始まります。女子青年局レインボーガールズの皆さんといっしょに頑張るビラ配りは、本当に爽やかな気持ちでいっぱいになります。足を引っ張らんよーに頑張ります。

今日は早いめに寝よ~っと。お天とうさんがビックリして、明日は雨がやむかも??
« Prev  | HOME |  Next »