吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

2つの講演会を聴講

2008.04.26 (Sat)


4月26日午後1時30分から、上京区室町出水の京都YWCAにてチェルノブイリ22年京都の集いが開催され、私も角替府本部代表(南区・府会)と国本府会議員(左京区)とともに参加。100名もの熱心な方々と一緒に聴講しました。

まず、柏崎刈羽原発の被害と活断層とのテーマで、地質学者でもある武本和幸さん(原発反対刈羽村を守る会・刈羽村元村会議員)が講演。中越沖地震で自宅が半壊した武本さんの語る迫真の一言一句に1時間の長さを忘れてしまいました。すごかったです。

パワーポイントを駆使して深刻な被害の模様が映し出されると、ため息がそこここから漏れていました。原発安全神話が崩壊した今、エネルギー問題に対して真剣な議論が必要であると改めて実感。
 
次に、もんじゅ運転再開を許してはならないとのテーマで、原発反対福井県民会議の小木曽美和子さんが登場。粘り強く運動を推進してこられた歴戦の闘士の言葉には重みがあり、襟を正して聴講しました。「安全が確立しなければ安心とは言えない」という言葉が強く胸に響きました。

写真はチェルノブイリ22年京都の集い実行委員会の佐伯実行委員長の開会のあいさつです。小中高の先輩である佐伯さんは、先月に京野菜マイスターの認証を受けた有機栽培の世界で全国的に有名な方。こんなすごい方の後輩であることに幸せを感じた次第です。

夜は、7時から烏丸丸太町のハートピア京都で開催された講演会「脱温暖化社会・G8に向けて日本は何をなすべきか?」(グリーンアクション主催・気候ネットワーク後援)に駆けつけました。昼の講演会でも顔を合わせた鈴木マサホ市会議員(左京区・民主都みらい)がおられ挨拶。角替代表と同志社の同級生とのことで、話に花が咲きました。

講師はWWFジャパン気候変動特別顧問の鮎川ゆりかさん。重要で高尚なテーマですが、ダイヤモンドのような英知を輝かせた実にわかりやすい講演でした。日本政府が各国から批判されている現実を的確に分析し、その本質を解説するとともに具体的な提案をされておられ、満足の1時間でした。

若い世代の方や中年の方、研究者と思われる男性たちから高度で熱心な質問が出されていましたが、6名参加した市会議員を代表する形で、僭越ながら私も勇気を出して挙手。脱温暖化へ向けた日本が中国や米国といかにパートナーシップをリードしていくかを質問しました。ハイレベルでスケールの大きな回答でびっくり。勉強になります!

中国人留学生と思われる若い女性も、NGOの活動について質問。鮎川さんの解説を聞くと、本当に政治の役割は大きいと実感しました。勉強せなあきまへん!



写真は、会場でいただいた充実したパンフと思い切って購入した鮎川さん編著の書籍「脱炭素社会と排出量取引」(2007日本評論社)です。勉強を重ねて突っ込んだ質問を書面などで送ってみたいなと思っています。鮎川さんは御迷惑かも知れませんが・・・・・。

充実の対話運動

2008.04.24 (Thu)
4月21日(月)から24日(木)までの4日間、上京区内を走り回って訪問対話運動を展開しました。同行していただいた婦人党員の皆さん、暑い中、また雨の中、本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。

21日は待賢・聚楽・中立・滋野・小川学区を、22日は翔鸞・西陣・成逸・桃薗学区を回りました。23日は仁和学区、24日は雨の中を室町・春日学区を訪問。4日間で200名を超える方々と対話することができました。

吉田たかお通信第4号を手に、市政発展のために公明党議員団が尽力して勝ち取った成果の報告を元気いっぱいにさせていただくと、皆さん本当に喜んでいただきます。ほんと、嬉しいです!

ただ、マスコミが面白おかしく取り上げる政府批判を真に受けておられる方もおられ、頭ごなしに非難の声を浴びる時もあります。残念なことですが、嘆いていても何も始まりません。誠意をこめて対話し、一人また一人と納得していただいています。疲れはピークですが、手ごたえは十分!

来週は、正親・乾隆・嘉楽学区と先週回った聚楽・仁和学区の半分を回り、最後の仕上げが地元・出水学区です。吉田という議員が上京活性化に役に立っていると喜んでいただけるよう、対話に励んでまいります。

特別委員会市長総括質疑

2008.04.17 (Thu)
4月17日10時から市会第2会議室で職員不祥事に関する調査特別委員会市長総括質疑が開催され、すべての委員が門川市長に質問をしました。

私も8番目に登壇。今回の一連の不祥事に寄せられた市民の生の声を紹介し、厳しい視線に敏感であるべきであると訴えました。そして、ウミを出し切るとともに、新たなウミを発生させない体質改善が急務であると論じたところ、門川市長から力強い答弁がありました。見守りたいです。
 
まず取り上げたのは、14日に視察に訪れた環境局まち美化事務所についてです。職員の皆さんが緊張感をもって不祥事防止に取り組み、現場の声を重視した創意工夫をされていることに敬意を表しました。
 
その上で、職場離脱させない取り組みが形骸化しないよう、リーダーが一人ひとりの職員と面談して納得いく指導をすべきと論じ、休憩室模様替えや分煙の取組みについても、常に市民の視線を感じて節度とけじめをもつ重要性を指摘。

また上下水道局には、免職者へのカンパ問題と宿直飲酒問題を重視し、他人事に終わらないよう、具体的な対策を早急に徹底するよう要望しました。ゆるんでしまえばなし崩しになってしまいます。上下水道局に限らない全幹部の意識変革が急務です。

そして、もっとも重要な職場風土改革に言及。出先機関に根強い旧来の親分子分体質を抜本的に改めないと、なあなあになって元の黙阿弥です。システムを確立し、そこに血を通わせるべきと訴えました。

幹部職員研修や被処分者研修を見直し、第三者機関にもチェックしてもらうよう発想の転換を主張しました。画一的ではない、個性重視の人間力強化が絶対に必要です。

次に、仕事と人員のバランスを見直す重要性を指摘。事務所内に待機するのではなく、遊軍という言葉どおり、部局の垣根を超えて現場から現場に移動し、市民と接していく仕事はいくらでもあります。公園清掃や遊具点検・不法駐輪撤去・ごみ不法投棄取締り・路上喫煙パトロールなどなど、具体的に指を折って列挙すると、市長はじめ理事者が真剣にメモをとっておられました。期待大です。

最後に、メンタルヘルスケアの重要性を論じました。きめ細かく目を配って職員一人ひとりをフォローし、風通しの良い環境づくりのために対話を重視し、苦しんでいる職員の心を支え、立て直していくシステムの早期確立と充実を提言しました。

今回の特別委員会に入れていただき、本当に勉強になりました。快く役割を譲ってくださった先輩方に恩返ししべく、研さんに励んで実力をつけていこうと決意しました。やりまっせ~っ!

特別委員会関係局質疑

2008.04.15 (Tue)


4月15日10時より、市会第2会議室で職員不祥事に関する調査特別委員会局質疑が開催され、環境局・上下水道局はじめ各局への突っ込んだ質疑が展開されました。

私は8番目に登壇。昨日に視察した内容を踏まえて、上下水道局と環境局に質問しました。新米議員とはいえ大切な課題ですので遠慮は無用です。30分の持ち時間ぎりぎりまで頑張りました。心地よい疲労感はありますが、もっと出来たのにという反省もあり、複雑な心境です。

まず、市民の皆さんから寄せられた生の声を紹介。「民間と比べて処分が甘いのではないか」「日常勤務の規律がゆるいのではないか」「財政逼迫の危機感はあるのか」「かばい合いがあるのではないか」・・・・・これらの厳しい視線を感じながら不祥事根絶を勝ち取るべきと論じました。

次に環境局に対し、職場離脱を繰り返した部長級幹部の問題を取り上げると同時に、形骸化しないような職場風土の確立を訴えました。きめ細かな職員への指導のためには、幹部自らが襟をただしていくべきです。理事者からも、真摯に受け止めるとの答弁がありました。見守っていきたいです。

マスコミの批判にさらされた上下水道局は、不祥事が続出する深刻な土壌があるのは、残念ながら事実です。ウミを出し切っても、その後にウミが沸いてしまうことのないように、悪しき慣習を根本的に改革するべきとの問題意識から、具体的な部分にも踏み込んで論じました。

甘えを許さない厳格さで臨むとはいえ、職員のやる気を削がないバランスが大事です。ぎすぎすした疑心暗鬼や面従腹背が蔓延しては、士気が落ちるだけで何も良いことはありません。管理監督する幹部のリーダーシップをいかに充実強化していくかが、最も問われなければならないのではないでしょうか。

私は、その問題意識から幹部職員の指導力向上研修の充実を論じ、カリキュラム充実とマニュアルの第三者機関のチェックを導入すべきと訴えました。このことを含め、具体的提案を練り上げて、17日の総括質疑で市長に提起していきたいと思っています。

写真にもあるように、左手のギブスを外しました。まだ痛みは残っていますが、ダッシュで頑張って吹き飛ばしてまいります。ご心配をおかけしました。

特別委員会現地視察

2008.04.14 (Mon)
4月14日10時より、京都市職員不祥事に関する調査特別委員会が開会。午前中は第1会議室で各局の説明を聴取し、午後から出先機関にバスで移動して現地視察しました。

まず、中抜けが問題となった上下水道局配水管理センター(右京区山之内)では、TV局のカメラがひしめき合う騒然とした雰囲気の中を視察。

事務所では、職員の行き先を知らせるホワイトボードや日程表などをキメ細かく見せてもらいました。続いて屋上や宿直室、倉庫から駐車場も念入りに回りました。さすがに気合いを入れて整理されていました。この初心を形骸化させないよう、心を合わせて取り組んでいきたいです。




次に、右京まち美化事務所(右京区西院)に移動。ここも、事務所だけでなく休憩室や食堂、駐車場まで隅々まで見て回りました。体力を消耗する業務なので休憩することは理解できます。しかし「多目的室」というトレーニングや遊戯の施設は市民感覚からは外れているように感じました。

ただ、中抜けを許さない取り組みが徹底されていることや、研修制度を職員側から充実してほしいと声があがっていること、現場の声を重視した創意工夫が試みられていることは、大いに評価されるべきであると思います。

現地に足を運んで、そこの空気を吸い、自分の目で見ることが大事であると、改めて実感。15,17日の質疑に生かしていくよう決意しました。

アスニーで源氏シンポジウム

2008.04.13 (Sun)


4月13日13時半から、京都アスニーで源氏物語千年紀連続企画「夕顔」の巻が開催されました。

会場は400人収容の4Fホールが満杯になり、3F研修室も200人もの方で埋まりました。私も3Fで同時映像を鑑賞したのですが、臨場感があって楽しかったです。(写真)

第1部は幽玄な能「半蔀(はじとみ)」を鑑賞。夕顔の精が登場するシーンはぞくっとしました。片山清司氏の重厚かつ洗練された芸術を堪能でき、満腹感に浸りました。

裏千家のご協力でお茶席もセットされ、多くの方々で賑わっていました。最近のイベントは、シンポジウムだけでなく能やお茶などの複数の芸術をコラボレーションする試みが多く、多角的な魅力が発信されるので参加者数が上昇しており、私は素晴らしいと思います。

第2部のシンポジウムは、「源氏物語と芸能」とのテーマで、芳賀徹・京都造形芸術大学名誉学長と田口章子・京都造形芸術大学教養教育センター教授を交え、和やかで闊達なトークが繰り広げられました。

源氏を演ずるにも、能と歌舞伎とは本質が違っていて、能は客席が光源氏自身になって生と死や人生の無常観を同質化するのに対し、歌舞伎の客席は源氏に愛された女性になって美を堪能するとのこと。面白いですね。

中国の「紅楼夢」やフランスの「ラ・ファイエット夫人」と比べ、それよりもはるか昔の日本に、これだけの完成度の高い長編恋愛大河小説がなぜ誕生したのか――についても、語り合われました。知的刺激受けまくりで楽しかったです。

シンポジウムを受講して感じた私自身の説は、平安時代が戦争や死刑のない文化主義の時代であったこと、政治的にも文化的にも女性の影響力が大きかったことがあるのではないかと思います。

これからの日本の方向性にも大きな示唆があるのではないかと実感した研鑽になりました。今後も時間を見つけて様々なセミナー等に参加していきたいです。

せっかくの日曜日、これだけで終わったらもったいない! 午前中は市民相談と街頭演説2ヶ所を、アスニー終了後は打ち合わせと街頭演説1ヶ所でフル回転しました。残念ながら雨で4か所目の街頭は中止になりましたが、これからも時間をこじあけて走り回ってまいります。
 


油小路カーブミラー修復

2008.04.11 (Fri)


先日、婦人党員の岡本さんから今出川油小路上るのカーブミラーが壊れているのとご連絡いただいたので、さっそく行政当局に連絡。このほど無事に修理工事が完成しました。

狭い道なのですが便利なためか交通量が多くて危険だったので、土木事務所の迅速な対応に、岡本さんはじめ地域の方は大変に驚かれ、喜んでいただいています。

4月初旬は、乾坤一擲の公明党語る会大結集があり、地域を歩いて頑張ったので、すでに今月だけで10件以上の市民相談を寄せていただいています。上京活性化と安心安全に貢献するべく、時間をやりくりしてスピーディーに取り組もうと決意しています。

お気軽に声をおかけください。全力疾走でダッシュして参ります!

4月・くらし環境委員会質疑

2008.04.08 (Tue)
4月8日10時より、市会第1会議室でくらし環境委員会が開催され、曽我議員とともに私も出席しました。

常任委員会副委員長としての本格的デビューです。緊張しましたが無事に終了し、ほっとしています。

先輩からも遠慮なく発言したほうが良いとアドバイスいただき、この日も環境局・文化市民局どちらにも積極的に質問をしました。

環境局
に対しては、ごみ袋について4つの角度から質問。まず、昨年秋に始まった分別収集での「違反」の実態について聞いたところ、違反排出の数は多くないとの答弁。ひとまず安心ですが、進学・転勤の季節でもあり、京都に来られた市民の方が嫌な思いをされないよう、周知徹底を強化すると同時に、違反が多い特定の場所についてしっかりと把握して、対策をすすめるよう訴えました。

2つめに取り上げたのは、昨年問題になったごみ袋強度問題です。強度基準を見直したので、ほとんど苦情は無くなったとのこと。価格が高くないとはいえ有料である限りは、迅速かつ誠実な対応を重ねるべきであると論じました。品質管理のいっそうの強化が必要です。

3つめは、ごみ収集時間です。これから暑くなる季節となり、ごみ収集場所近辺のお宅は言葉で表現できないご苦労を余儀なくされるところも多いと聞きます。週2回の収集を半分に分け、早朝と昼前後が交互になるようにローテーションを組んでいけばどうかと提案しました。理事者から、地域の声をしっかりと聞いて見直すべきところは見直すとの見解が発表されました。

4つめは、委託販売店の件です。地域の方から、有料ごみ袋を販売している協力店さんの数が減っているのではないかとの指摘があったことを紹介。販売店さんはじめ多くの市民の方々から寄せられる様々なご意見に対して、迅速かつ誠実に対応していくよう要望しました。

まだまだ勉強不足で汗顔の至りですが、待ったなしの地球温暖化対策の重要な分野でもありますので、研鑽を重ねてがんばっていきたいです。

次に文化市民局への質疑に移り、公園遊具の維持管理問題を取り上げました。エキスポランドが大事故をおこし、結局廃園に追い込まれた事実を踏まえ、問題があったあとで大急ぎで対応するのではなく、先手を打って取り組む必要を論じました。

続いて、文化財保護に言及。埋蔵物や建築物に限らず、これからは映像文化の保護も重視していくべきではないかとの問題提起をしました。

日本最古のアニメフィルムも明治後期に京都で製作されたとのことですが、映画に限らず、明治・大正・昭和時代に個人や企業が撮影した古フィルムは、当時の文化や風俗を伝える貴重な財産です。これらが復元されたり有効利用できないまま廃棄されてしまっている現実を直視し、抜本的取り組みを模索すべきであると訴え、府市強調での事業を企画するよう提案しました。これからの推移を見守りたいです。

これらの案件は、訪問対話の中からお聞きしたものです。やはり現場が大事と改めて実感。これからも市民の皆さんの声をスピーディーに届け、京都活性化に貢献できるよう、走ってまいります。

京丹後で時局講演会

2008.04.06 (Sun)
4月5,6日の二日間、両親のふるさと京丹後に遠征し、墓参りと同時に、ご無沙汰している親戚にあいさつ回りをしました。

ご存知の方もあると思いますが、2年前の集中豪雨で京丹後市間人(たいざ)で土砂崩れが発生し2人が亡くなるという痛ましい事故がありました。その現場が、私の母方の先祖が眠る墓地でして、懸命の復旧工事の結果、昨年ふさがっていた道が開通し、今回の土日でお参りしたのです。

せっかくの帰省なので、母と一緒に親せきや同級生など、ゆかりの方々のお宅を訪問。旧交を温めつつ、私の当選の報告や御礼をさせていただきました。

5日には大宮町で府本部の議員総会があり、府北部のいっそうの党勢拡大を誓いあいました。そして、6日は網野町で坂口力副代表(元厚生労働大臣)を迎え、時局講演会があったのです。

これには、親戚のご婦人2人も参加してくださり、京丹後支部の由良副支部長が旧知の間柄ということで、大いに盛り上がりました。また、松本支部長も間人出身で地元からも評判が良いとのこと。私も頑張らねば!!

場内は立ち見が出るほどの超満員で、熱気むんむん! 高齢の方に席を譲って外に出たため、坂口副代表のお話は少ししか聞けませんでしたが、母や親戚によれば大変にわかりやすい説明で大好評だったとこのこと。

入口で先輩と懇談していると、丹後町在住の婦人党員さんとばったり。私自身は初対面でしたが、先輩から紹介いただき、その後くわしくお話すると、何と私の親戚と親しい間柄というではありませんか。縁の不思議さを実感しました。

ふるさと京丹後をはじめ、府北部地域の活性化のため、同じ繊維産業の本場である西陣を擁する上京区の議員として、より研さんを深めて頑張っていこうと決意しました。

翔鸞学区の街灯と側溝

2008.04.04 (Fri)


このほど、以前から寄せられていた翔鸞学区の安心安全の案件が解決し、喜んでいただいています。

上京区が誇る花街・上七軒近辺の真盛町の一角で暗い場所があるとのご相談をいただき、現地に直行して確認。さっそく行政当局に申し入れたところ、街灯を新設していただいたのです。

また、その近くで側溝がガタつき、自動車や自転車が通るたびに大きな音が鳴って困っておられたのですが、これについても、このたび側溝修復工事が完成。写真のようにきれいになりました。行政の迅速な対応に、市民の皆さんも笑顔満開です。

これからも、上京活性化・安心安全のお役に立ってまいります!

なお、街灯の写真は照度の関係で違うモードでの撮影になりましたので、下記に小さく収納します。クリックしていただければ拡大表示します。



 | HOME |  Next »