吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

指定期間 の記事一覧

市長選公開討論会ー1

2008.01.31 (Thu)
1月31日夜7時より、京都会館会議室で(社)京都青年会議所主催の「京都市長選挙マニフェスト型公開討論会」が開催され、私もわくわくしながら参加させていただきました。

会場前では特定の人物を糾弾する横断幕を持つ人たちがビラを配っていました。ひと昔前によく見かけたものの最近は全く無くなった風景です。まさか、21世紀にお目にかかるとは。まるで亡霊に遭遇した気分です。

気を取り直して館内に入ると、受付ではJCの役員の方々が元気いっぱいに迎えてくださいました。場内は400名を超えるほぼ満員の観衆で埋まっていました。関心の高さがうかがえます。

写真撮影は禁止とのこと。残念ですが今回の傍聴記は画像なしとなります。ご了承ください。

コーディネーターの同志社大学・西澤教授の誠実で柔軟な手綱さばきにより、公開討論会は混乱もなくスムーズに進行しました。2時間が、あっという間に終わった感じです。

終わった直後に感じたこと。それは、平等かつ客観的に見て、どう加減しても間違いなくかどかわ大作さんの圧勝だったということです。

気さくな笑顔、張りのある声、そして説得力ある論及。どれをとっても格が違うことが、参加者にも伝わった討論会だったと思います。手前味噌と言われるかもしれませんが、本当なのです。それを再確認できただけでも、行って良かったと心から実感しました。

以下は、いち市民としての忌憚のない感想です。

注目していた弁護士の方ですが、失礼な言い方かも知れませんが迫力不足でした。強敵かと思っていたので、ちょっぴり肩透かしです。優しいお人柄なのか、あるいは遠慮があるのか、その議論からは鋭さが伝わってきませんでした。支援しておられる海千山千の市議諸氏を見慣れているから、余計にそう感じたのかもしれませんが。

若手市議
の方は、爽やかでテンポが良く、若武者のイメージが伝わりました。20~40台前半の無党派層にアピールしそうです。でも、その反面に何とも覆うことのできない軽量感が目立ってしまい、ある意味の危うさが滲み出てしまった感もぬぐえませんでした。(これも失礼な言い方ですよね。自分を棚にあげて!)――可能性を持った魅力的な方なのですが、他の3人と比べても浅さがあらわになった感がします。

会社経営者
の方は、他の登壇者への鋭い突っ込みを入れて会場を沸かしましたが、主張される内容には説得力を感じられませんでした。志向するビジョンも魅力的とは言えず、「やってくれそうや」という期待感を引き出す力強さも伝わってこなかったのです。(これも失礼な言い回しですわね、自分を棚に上げて・・・・・)

長くなりますので、ひとつひとつのテーマに沿った議論については稿を改めることとし、今日は感想のみにとどめさせていただきます。それでは☆

未来の京都・総決起大会

2008.01.26 (Sat)


1月26日14時より、京都会館第一ホールに2,500名の支持者が参集し、かどかわ大作さんを励ます未来の京都をつくる会の総決起大会が盛大に開催されました。

政界、経済界はじめ各種団体が一党一派に偏しない京都市の未来ために結成された未来の京都を作る会の立石義雄会長(京都商工会議所会頭)が、見識と実績に優れたかどかわさんへの熱烈な支持をあらためて表明。

桝本市長が現場のニーズを反映した柔軟な発想で次々と教育改革を成し遂げたかどかわさんの実力を紹介したあと、山田知事が府市協調のエールを送り、「歴史を見れば京都の発展に川が大きな役割を果たした。21世紀の京都は“かど川”がリーダーとしてけん引する時代です」と訴え、大きな歓声と拍手が場内を圧しました。

谷垣禎一(自民)、福山哲郎(民主)、角替豊(公明)の推薦政党の京都トップも登壇。角替代表は、3党が団結して勝利し京都活性化の大きな一歩を踏み出そうと訴えました。(写真) 魂の震える渾身の檄に決意を新たにしました。

爆発的な拍手で迎えられたかどかわ大作さんは、連日の激闘の疲れも見せずに、元気いっぱいに決意を表明。市民の中に入って生の声に耳を傾け、市民の共感を勝ち取っていくとの政治姿勢を述べ、豊かな行政経験と先見のビジョンで京都の未来を切り開くことができるのは自分しかいないと断言。心をひきつける魅力にあふれた演説でした。さすがです。



私は受付役員をさせていただき、寒い中にもかかわらず駆け付けていただいた参加者の皆さんに、元気いっぱいに声をかけてお礼をしました。

未来の京都・街頭演説会

2008.01.25 (Fri)


初天神でにぎわう北野天満宮前で、未来の京都をつくる会主催の街頭演説会を、かどかわ大作さんを上京区に迎え、元気いっぱいに開催しました。

寒風の吹く、あいにくの天気となりましたが、11時と13時の2回ともたくさんの支持者の皆さんが駆けつけ、盛大な拍手を送って下さいました。心より御礼申し上げます。うれしかったなぁ!

街宣車の上に、かどかわ大作さんと上京区選出の4人の与党市会議員が乗って、順番にマイクを握り訴えました。珍しい写真でしょ?

私は、野党の方々がかどかわさんに対して「なれあい」「相乗り」と批判していることに対し「理不尽な言いがかりにすぎません」と一刀両断。京都活性化のために団結して頑張っている未来の京都をつくる会の決意を表明しました。

国政のねじれによる権力闘争を地方に持ち込んではなりません。特に、地方自治体の首長は枠組みありきではなく、どこまでも人物本位でなければならないのではないでしょうか。不平を煽るだけの無責任なやり方がまかり通っては、喫緊の課題である財政再建や公務員綱紀粛正が大きな混乱に陥ってしまいかねないのです。(実際に大阪のある自治体では市民が大変な迷惑を被りました)

途中、吹雪で前が見えないくらいになりましたが、歓声をあげて手を振り拍手して下さる支持者の皆さんに励まされ、ひたむきで誠実な庶民派かどかわ大作さんへのエールを送らせていただきました。かどかわ大作さんは、気さくな笑顔で寒風をものともせずに決意を披歴。素晴らしかったです。

かどかわ大作さんが「もし私が約束を果たせなかったら自ら身を引きます。退路を断って働きます。それくらい真剣なんです」と叫んだ時、全身に電流が走りました。男の覚悟を目の当たりにし、ますますファイトが湧いてきました。やりまっせ~っ!

この日は街頭三昧でした。朝8時から千本丸太町交差点で、まず1回。10時からは恒例の田中たくじ前府会議員との天神さんジョイント街頭で2回目。そして「未来の京都」主催の2回で、計4回も演説したことになります。疲れたけど充実でした!

夕方は府本部に若手議員が集まり会議。明日の京都のための長期ビジョンと喫緊の課題への具体策について、活発な議論を交わしました。オブザーバーとして参加された竹内ゆずる府本部副代表(次期衆院選予定候補)とも意見交換。その切れ味とスケールの大きさに圧倒されました。やっぱり竹内さんは凄いです。

(追伸)
実は、13時の演説会は、野党の方々も同じ場所で予定されており、バッティングしたのですが、話し合いの結果、私たちが先に開催できました。フェアプレイの精神で譲っていただいたことに敬意を表したいと思います。

1月度文教委員会質疑

2008.01.22 (Tue)


1月22日10時より市会第2会議室で文教委員会が開催され、私も日置副委員長(北区)とともに出席しました。

まず、文化市民局については、京都会館の再整備構想を策定するために実施した市民アンケート調査を踏まえての、今後の施策について議論が交わされました。私も挙手して発言。大まかな意識調査で終わらず、施設を利用された市民から具体的な声を受け入れるアンケートボックスのコーナーを常駐させてはどうかと提案しました。「市民参加」の観点からも必要であると思いますので、引き続き求めていきたいです。

次に、教育委員会に対しては、学校給食についてや防犯設備、自立促進支援チームなどについて、自民・共産の委員から質疑がありました。私は、学校で出されるゴミの分別について質問。何人かの市民の方からお聞きした実例をもとに、学校現場で分別がされていないケースがあると指摘しました。環境教育の観点からも大事な問題なので、学校によって意識の格差が無いように早急に指導徹底すべきと求めたところ、うれしいことに理事者からは前向きな答弁がありました。

やっぱり現場の声が大事ですね! 観念でないので説得力が違います。これからも貪欲に地域を歩いて、切実な声を届けていかなあかんと決意しました。頑張ります。

美容業組合新年会に参加

2008.01.21 (Mon)


1月21日12時より、下京区のホテルで京都府美容業組合の支部合同新年会が盛大に開催され、私も多くの市会・府会議員とともに参加させていただきました。

公明党からも角替豊府本部代表(南区・府会)、国本友利府会議員(左京区)、大道義知市会議員(南区)、曽我修市会議員(伏見区)と私の計5人が参加。来賓紹介で他会派議員とともに壇上に上がらせていただきました。(曽我議員は今日が誕生日ということで、盛んに拍手を浴びていました)

開会前に控室で、京都府美容業生活衛生同業組合の岡田理事長と懇談する機会に恵まれました。16日の公明党年賀会にも参加いただいたとのことで、与党の立場で市民本位の政策実現に情熱を傾ける公明党を評価して下さり、熱い期待に満ちた激励の言葉を頂きました。同時に、市民の声をもっと反映すべきであると率直なご意見もして下さいました。うれしかったです。肥やしにして頑張ります。

歓談中は、上京区の支持者の方が私を各テーブルに案内していただきました。心から感謝です。未熟な新米議員の立場に安住せず、役に立つ議員に成長してなんとか御恩返しをせなあかんなぁと、改めて決意しました。やりまっせ~っ!

写真は、あでやかな舞妓さんが披露した祝舞です。思わずうっとり。目を奪われました。また、アトラクションも趣向を凝らしておられ、楽しかったです。

終了後は、衆議院選挙を視野に入れた政策研究プロジェクトの会議へ合流。若手で構成されたプロジェクトで、侃々諤々の議論が展開されました。勉強になります。視野が狭い自分を痛感。勉強せなあきません!

その足で、上京区で開催された支持者の会合に出席。さっそく多くの市民相談を寄せていただきました。頼りにしていただき、本当にうれしいです。大変な問題もありますが、誠心誠意頑張ります!

読者の皆さんも、御遠慮なくご意見やご要望をお寄せ下さい。大歓迎です!

かどかわ事務所開き開催

2008.01.20 (Sun)


寒風が吹く午前11時より、未来の京都をつくる会の事務所が、中京区御池通り新町の交差点西北にお目見え。盛大に事務所開きが開催されました。京都市長選挙に立候補を表明したかどかわ大作氏の牙城です。参加した関係者一同、やらんかなの意気に燃え、寒さを吹き飛ばす歓声と拍手を送りました。

桝本市長、山田京都府知事、立石京都商工会議所会頭をはじめ、国会議員・府会議員・市会議員が駆けつけ、次々とマイクを握ってかどかわさんを激励。「長年にわたって行政の第一線で活躍し結果を残してきたのは他にはいない。日本一の教育長かどかわさんを押し上げ、日本一の市長にしていきましょう!」と山田知事が訴えると、ボルテージは最高潮に。凄かったです。

爆発的な歓呼に迎えられたかどかわ大作さんは、「京都の未来を拓くために生命がけで頑張ります」と万感こもる真摯な決意を披歴。ひたむきで誠実な人柄がにじんで、心から感動しました。

いよいよ残された時間は1か月。短期決戦です。公明党が積み重ねてきた庶民本位の生活現場第一の政策と実績が今後の京都活性化への大きな力になっていくことを証明しゆく、大変に重要な試金石です。やる気がみなぎってきます。

現場のナマの声を膝詰めでお聞きし、光り輝く政策に磨きぬいていく以外にないと確信し、走りぬいていく決意です。



人権同和研究会で研鑽

2008.01.19 (Sat)
19日午後2時より下京区のホテルで、公明党京都府本部京都改革プロジェクト主催の政策研究会が開催され、市会議員はじめ50名を超える府内の地方議員が参加。熱心に研さんしました。

テーマは「人権同和問題」。長年この問題に取り組んでこられた世界人権問題研究センター主任研究員の福田雅子NHK解説委員が、お忙しい中を割いて講師として来ていただきました。

サラリーマン時代にラジオ番組での解説を愛聴していたので、ご本人の講演を最前列で聞くことができ、本当にうれしかったです。

京都市職員の不祥事によって、同和問題がクローズアップされています。表面的な部分をあげつらうだけでは、本質がずれてしまいかねません。人権問題はデリケートで根が深いものです。今回の研究会で、情緒に流され短絡的に行政を糾弾するだけでは何の解決にならないことは歴史が雄弁に語っていると、学ぶことができました。

党利党略を超え、時代創造の価値転換を担いゆく責任与党公明党の役割はますます大きいと決意を新たにしました。もっともっと勉強せなあきません。頑張ります!

地下鉄延伸開通記念式典

2008.01.15 (Tue)


待望の市営地下鉄東西線の延伸工事が完成し、15日10時から中京区の京都弥生会館で開通記念式典が挙行されました。

二条駅から太秦天神川駅までが延伸となって、市の東南部から右京区までが直通することとなり、今後の大きな発展が期待できます。

地元の皆さんの喜びは大変に大きいとお聞きしました。不景気なご時世ですが、希望が大事ですよね! そして、それをより価値あらしめるために、英知を結集し議論を重ね合意を形成していくことがもっと大事だと思います。



式典では、市歌演奏、式辞、工事経過報告、来賓祝辞等のあと、ペットボトルで乾杯をしました。新しい時代にふさわしいユニークな乾杯で、参加者から大好評でした!

その後、会場を後にして二条駅に移動し、プラットホームでテープカットして初乗り式もありました。あまりに人が多くて写真を撮影できませんでした。すみません・・・・・(涙) でも、公明新聞の記者さんが私たち市会議員団の写真を撮ってくれましたので、後日掲載されると思います。乞うご期待!

成人の日に街頭演説

2008.01.14 (Mon)
寒風の激しい一日、元気いっぱいに成人の日記念の街頭演説を敢行しました。

千本今出川、智恵光院今出川、堀川中立売、丸太町智恵光院の計4ヶ所の交差点に自転車を止め、のぼりを立ててハンドマイクで演説したのですが、みぞれが顔面に直撃して大変でした。でも、近所の支持者の方が声をかけていただいたり、車の中から手を振っていただいたりと、たくさんの声援をいただき、寒さも吹き飛んでしまいました。うれしかったです! 

演説では、薬害肝炎の患者さんの一律救済や、1円以上の領収書義務付けなどの、公明党が大きな役割を果たした具体的事実を紹介。党利党略の政局ではなく、庶民本位の政策実現が大事であることを力説しました。

特に、若者が希望を持って仕事に励んでいけるよう、経済活性化への諸施策を与党の中で真剣に推進していることを訴えました。京都市も深刻な財政危機にありますが、近年の桝本市政の真摯な取組みによって、黒字に転換してきています。これをどう庶民の生活に反映していくか。政治の果たす役割は大きいといえます。

京都創生
への大事な一年です。スタートダッシュで頑張ってまいります。街角で見かけたらお気軽に声をかけてください。マイクのボルテージが一挙にあがってしまうかもしれません(!?) よろしくお願いしたします。


木村議員の奥さまの葬儀

2008.01.13 (Sun)
大変に残念なことに、昨年から闘病中であった木村力議員(中京区)の奥さまが逝去され、12日にお通夜が、13日に告別式が営まれました。

両日とも、会場からあふれるくらいの方々が参列され、故人のお人柄がしのばれました。心からご冥福をお祈り申し上げます。

大学生と高校生の御子息を残し、50歳という若さで亡くなったことは、心残りも多いのではないかと推測されるのですが、御遺族は終始毅然とされて参列者に誠実に声を掛けておられました。

心に残ったのは、故人の同級生の代表が弔辞で「他人の不幸の上に自身の幸福を求めてはならない」という出身校のモットーを紹介されたことと、喪主あいさつの中で木村議員が「妻は他人の悪口を言ったことがありませんでした」と語られたことです。なんと素晴らしい言葉でしょう。

また、難病を克服され26年も寿命を延ばして使命の道を切り開きながら、2人の御子息を立派に育て上げられたとのこと。「妻は人の2倍の人生を生き切りました」との木村議員の言葉に感動でいっぱいです。

告別式では、あまりの多数の参列のため、出棺前のお別れが親族の方々限定となったのですが、私は前日のお通夜閉式後に特別に棺を開けてもらい、直接お顔を拝し家内とともに読経をさせていただきました。

ふっくらと赤みがあり、世に言われる「半眼半口」の成仏の相で、本当に眠っておられるのではと錯覚するようなお姿でした。果たして自分はこのような死にざまができるのかと、心の中で自戒しました。

生命の尊厳、幸福、家族、自身の使命・・・・・。多くのことを真剣に考えました。木村議員と力を合せ、京都活性化のために頑張ってまいります。
 | HOME |  Next »