吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

MyOpinionアーカイブ の記事一覧

子どものための市民憲章

2008.09.21 (Sun)
旧HP:MyOpinion 2006年12月25日記

 11月25日、私は京都市総合教育センター(下京区河原町仏光寺西入る)で開催された「子どものための市民憲章」シンポジウムに参加いたしました。以前から市民しんぶん等で告知され、注目していたイベントでした。

 家内の母がボランティアで、青少年を取り巻く環境の整備に熱心に取り組んでおられるのを目の当たりにして、京都市が力を注いで推進しているこの憲章制定について、以前から関心を深めていたのです。

 当日は300人を越える方々が集まり、パネリストの討議に熱心に耳を傾けておられました。ほとんどの参加者が居眠りもせずに注目し、私も写真を撮るのを忘れてしまったくらいです。

 京都市は、この憲章を意義有らしめるために、懇話会を定期的に開催して情報開示すると同時に、11月には4ヶ所で意見交流会も実施。その集約の場が、今回のシンポジウムでした。PTA連絡協議会、社会福祉協議会、民生児童委員連盟、ボーイスカウト連盟、医師会、保育園連盟、地域女性連合会等々の各種団体の代表が、子どもたちを育む大人社会のあり方について真剣に論じ合っておられ、大いに感銘を受けました。

 休憩時間に回収された質問アンケートに、私が「家庭における父親の役割」「地域コミュニティの現状と課題」「社会を蝕むエゴへの抜本的取り組み」について記載したところ、それらが第2部で取り上げられてビックリしました。びびりましたが、幸いにもコーディネーターから指名されることなく、熱心な討議に移っていったので助かりました。

 学生や青年教育者の方々も多く参加しておられ、世代を超えた熱い情熱が場内に充満していました。「京都も捨てたもんではないなぁ!」と感心すると同時に、たくさんの若い親たちが日々の生活に追われて疲弊し鬱憤を蓄積している現実を直視しなければならないとも思いました。

 何の罪も無い子どもたちが、今もどこかで虐待され生命の危機にさらされている。それは親にとっても地獄のはずです。この不幸の連鎖を断ち切って、惨めな環境をより良いものへ転換していくためには「生命の尊厳」と「人権の尊重」こそが最大の価値とする社会を構築するしかない。――闘う人間主義を標榜する公明党が、今まで以上に力を発揮することが重要であると、強く感じた次第です。

 多くの心ある方々と、ひろく意見を交換したい! そう実感したイベントでした。シンポジウムから1ヶ月、思索を重ねたわりに大した論及ができずに、恥ずかしい限りですが、いっそうの勉強を重ねていく決意を固めることができたのが、私にとっての収穫でした。

「官製談合」は増えたか

2008.09.21 (Sun)
旧HP:MyOpinion 2006年12月12日記

 2006年は、後年の歴史に「官製談合」の年であったと記載されるのではないかと思うくらい、数多くの事件が世間を騒がせました。
 
 私利私欲に目がくらんで、その地位と権限を利用して血と汗の結晶である税金を食い物にする「官製談合」ほど、庶民を愚弄するものはありません。感覚が麻痺しているとしか言えない、まったく情けない話です。
 
 何人もの知事がこの問題で辞任し、逮捕までされています。これは、今まで無かったものが急に増加したものなのでしょうか? そうではありません。多くの方のご賢察の通り、今まで「当たり前」のように繰り広げられていた悪弊が、最近になって摘発されるようになったものなのです。
 
 その最大のきっかけは、平成14年(2002)に成立した「官製談合防止法」の成立であることは、衆目の一致するところです。この法律によって、今まで抜け穴だらけだった深くて黒い闇を摘出することが可能になりました。そして、誇るべきことですが、この法律を立案し各方面に強力に働きかけたのが、他でもない我が公明党なのです!
 
 自民党と連立を組んで以来、何人かの方々から「公明党は自民党の言いなりではないか」「公明党は何をしているのか良く分からない」等々のご批判を頂戴します。大変に残念なことです。今回取り上げた「官製談合防止法」以外にも、「あっせん利得処罰法」や「文化芸術基本法」「預貯金者保護法」等を成立させ、児童手当や高齢者雇用、育児休業制度の充実、携帯番号ポータビリティ制度の実現に力を注いできた公明党の実績は、高く評価されています。
 
 今後も、公明党は政治腐敗を根絶する道筋を定めると同時に、少子高齢化社会への長期的ビジョンに基づいた着実な政策の推進に、全力を挙げてまいります。

「新しい公明党」について

2008.09.21 (Sun)
旧HP:MyOpinion 2006年11月3日記

 第30回公明党全国大会で、太田代表は「新しい公明党」について、「大衆とともに」との立党精神により深く根ざした強靭な党を構築するということと、一人ひとりが私利私欲を捨て、民衆の幸福実現のために愚直に戦う党風を確立することの二点を挙げ、「闘う人間主義」の旗を高く掲げ前進しようと訴えました。
 
かつて党首脳の立場にあったものが、権力の魔性に食い破られて腐敗・堕落して支持者の期待を裏切った姿を見るにつけ、議員という立場の怖さと使命の重大さを思い、襟を正さずにはいられません。表現は適当ではないかもしれませんが、口先だけでは絶対に許されない魂の部分すなわち本物の捨て身の覚悟が問われていると実感しています。
 
 市民相談室長として動く中、先輩議員から様々に指導を受け、また支持者の皆様から暖かな励ましを頂戴し、私自身が絶対に忘れてはならないあり方について教えていただいております。そのもっとも大切な一点は、どこまでも現場第一に徹するということです。お一人お一人の切実な声に耳を傾け、解決のために智恵を絞って、労を惜しまずに愚直に動いていくしかないと確信します。 
  
 今、地域を歩かせていただいて数多く耳にするのは、不祥事を蔓延させ隠蔽するような官僚主義・事なかれ主義への深い憤りです。そして、それ以上に利害や名聞名利にとらわれてパフォーマンスで民衆を欺く政治家の無能・無責任への不信感が根深く染み込んでしまっているように感じてなりません。
 
 地域活性化への手足となって、庶民の目線を忘れずに声なき声を代弁していくためには、どこまでも謙虚に勉強していくしかないと実感いたしました。現状に満足してしまうと、変化の底流にある本質を見失って、新しい局面に対応できなくなっていく。そして、気がつけば腐ってしまう――。断じてそうならないよう、自らを磨いていく決意です。
 
 核やテロの脅威が世界を揺るかしている今、生命尊厳・人間尊重の哲学を根本として、国家主義・政治腐敗・人権抑圧と戦う公明党こそが世界平和への突破口を開くと確信し、すべての戦いに大勝利してまいります。

文化芸術立国の首都へ

2008.09.21 (Sun)
旧HP:MyOpinion 2006年10月12日記 
 
 私の青春の舞台となった大阪芸術大学の後輩に飛鳥左近さんがおられます。芸大時代、多くの変わり者たちとつばを飛ばしあって、人間性復興のための芸術の使命について語り合っていました。左近さんはそのなかでもひときわ輝いておられました。
  
 ご存知の方も多いと思いますが、左近さんのお兄さんは市川右近という、スーパー歌舞伎の大スターです。市川猿之助の一番弟子として活躍する右近さんは、大阪の日本舞踊「飛鳥流」の家元の家に生まれたのですが、猿之助さんに弟子入りしたので妹の左近さんが家元を継いでおられます。その飛鳥左近さんの稽古場に、私が市会議員に立候補することを知らせに伺ったところ、大変に喜んでいただきました。
 
 ソウル五輪や世界陸上の開幕式のイベントで、各国の民族舞踊が披露された時に、日本代表に選ばれて舞ったくらいの、知る人ぞ知る著名な左近さんがおっしゃるには、京都は大阪や東京と比べても職人さんの腕が高い、つまり着物や帯・扇子・かつらといった伝統文化の技術が、別格といっていいほどの素晴らしさなのだそうです。
 
 しかし、近年は経済の停滞や風俗の変化などで活躍の場が減少し、後継者不足も深刻になってきている、何とかしなければ大変なことになってしまう―と憂いておられました。同時に、これからの日本が世界に貢献するには「経済」や「安全保障」ではなく「文化芸術」の分野であり、そのために京都が中心となって日本の素晴らしい伝統文化を世界に発信してほしい、と熱く語っていただきました。 
 
 京都市はその文化芸術振興条例で、自らを「文化首都」と名付け、世界を視野に入れたいっそうの文化芸術の発展を目指しています。芸術を学んだ一人として、また京都に生きる庶民として、各方面で活躍される芸術家やボランティアはじめ関係者の皆さんと協力し、裏方の連携役となってコーディネートしていきたいと決意しています。
 
 世界に誇る伝統文化をいきいきと輝かせ、学術交流・国際的な人的交流、そして観光客拡大からスポーツ振興などなど、積極的に推進することによって、それが京都の経済を活性化させ、ひいては福祉・年金などの社会保障や少子化対策にも、良い形で連動していくのではないでしょうか。
 
 もちろん、簡単なことではありません。様々な課題が山積し、ハードルも多いと思います。だからこそ、私は刻々と変化する状況を的確に分析した、いわば現場感覚の息づいたビジョンが大事だと思います。そのためにも市民の皆さんの声をお聞きしたい。机の上での議論にとどまるのではなく、地域の行事や小単位のサークルでの地道な活動に中にこそ、秘められたエネルギーがその底に息づいていると思うからです。
 
 公明党京都市会議員団は、3年前に「京都市の文化芸術政策に関する提言」を提出し、具体的な振興策を推進・支援してまいりました。そのなかでも特に、文化施設や文化事業のネットワーク化によって芸術文化の創造や鑑賞の裾野を幅広く支え、活動を広げる環境整備を提言し、この3年間で多くの事業が進められてきました。これからも、よりダイナミックな施策が必要です。
 
 「軍事大国」から「経済大国」への道を突き進んできた日本が、バブル崩壊で苦しみ暗中模索している中、民衆に根ざした文化芸術の振興こそが、多くの国々から好かれ支持される国になっていく最大のポイントであると、私は確信いたします。その首都である京都が日本をリードしていく時代になっていくために最大の努力を傾け戦ってまいります。

周恩来とゴルバチョフ

2008.09.21 (Sun)
旧HP:MyOpinion 2006年9月23日記

 本HPにも、名刺にも、「尊敬する人」の欄を周恩来とゴルバチョフと書かせていただいています。二人とも、二十世紀の歴史を動かした巨人です。同時に民衆の中に飛び込み、同苦し、敬愛された傑出した政治家でした。

 二人には共通した偉大な業績があります。それは、民衆のため、大胆かつ柔軟に政策を転換し、その実現のために生命をかけたということです。

 周恩来は「四つの近代化」を打ち出し、ゴルバチョフは「ペレストロイカ」を推進しました。長年の疲弊と腐敗から目をそむけずに決断した二人の勇気に、私は最大の尊敬を表するものです。

 京都にも、純粋な問題意識を持って改革を志している方々が多くおられます。ただ、問題はその信奉されている思想哲学あるいは主義(イデオロギー)が、現実に生きる民衆に根ざしたものなのかどうか、ということではないでしょうか?

 共産主義は、20世紀の多くの国々で壮大に実験されました。その結果はどうだったのか? 歴史は雄弁に真実を語っていると思います。

【解説】


 私は、この2人は歴史に残る英雄と確信しています。

 恥ずかしながら告白しますが、作家を志したことのある私は、この2人を主人公にした小説を書きたいという野望を抱いて、何十冊もの資料を集めて、徹底的に研究しました。

 小説自体は構想段階で中断しており、情けない限りですが、賛否両論の多種多様な資料の山を踏破した私の確信は、2人の足跡はあまりにも巨大で、時代を超えてますます光彩を放っていくということです。

 一大決心して政治への道に方向転換した私の今の決意は、“波瀾万丈のドラマをペンで描くのではなく自身の生涯の軌跡で表現する”というものです。

 ちょっとカッコつけすぎですわね。失礼しました!
« Prev  | HOME |  Next »