吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

市民相談 の記事一覧

子育てママからの声が届きました!

2018.07.04 (Wed)
4月から6月末にかけて、公明党は全国の議員が「100万人訪問調査活動」を展開。精力的にごあいさつに回る中、「介護」「防災」「中小企業支援」そして「子育て支援」という4つの重要な政策課題に関するアンケートを実施しました。

なかでも、「子育て支援」については、少子高齢化時代のなかを懸命に子育てにチャレンジするお母さん方から切実な声を寄せていただきました。「子ども医療費の支援を拡充してほしい」「教科書無償はありがたいが制服や体操服なども支援できないか」などの中に、「ランドセルに入れる教科書などが重すぎる」とのご意見もありました。

180704佐々木さやか画像

そんな中、6月12日の参議院文教科学委員会で公明党の佐々木さやか議員(神奈川県選出)が、党に寄せられた声を取り上げ、「重過ぎる荷物への対応を急ぐべき」と訴えました。質疑の中で、首都圏の小学1年生のランドセルの重さが平均5キロ超、1日の最大重量で8キロ超あったなどとする大正大学・白土健教授の調査結果に言及。重量化の要因として、教科書の大判化や学習量の増加などに伴うページ増も挙げたとのことです。

また、教育現場では盗難防止などの観点から、教材を学校に置いておく「置き勉」を認めていない学校があると指摘。その上で、重過ぎる荷物への対応を「各学校が判断するもの」と答える文部科学省に対し「実態調査を行い、置き勉などの対策について、文科省の考え方を示すべきだ」と強調したところ、林文科相は「各教育委員会などに対して、各学校で適切な指導がなされるように働き掛けていく」と答弁しました。

まさに、100万人調査活動で全国の子育て世代の方から寄せられた「生の声」に、迅速に対応したものであり、今後の取り組みに期待するところです。ただし、小学1年生のランドセルの重さが5キロを超えている要因の1つに教科書の大型化やページ増があるとのこと。軽量化についてはメーカーや教科書会社の対策も求めたいところです。

下記に公明党HPの記事をリンクしますので、関心ある方はご参照ください。

https://www.komei.or.jp/komeinews/p4356/

地域の安全対策が大きく前進!

2016.03.30 (Wed)
28年度予算案を審査する議会で、市役所の缶詰めの日々でしたが、その合い間を縫って市民相談を積極的にお受けしました。嬉しいことに、地域の安全対策が次々と実現しています。

実績:石田大山交差点通学路

石田大山交差点から南側は道が極端に狭くなってしまい、登下校する小学生が大変に危険な状態でした。何度も現地調査を重ね、市会まちづくり委員会で議論を重ねた結果、このほど白線にデコボコ突起を施す工事が実施されました。路側帯の中に車が進入する危険が低くなったと喜ばれています。

実績:新六地蔵橋鉄柵

外環の六地蔵奈良町から観月橋に向かう際に山科川を渡る「新六地蔵橋」では、その前後の歩道にガードレールがあるのに、橋にはありませんでした。歩行者の安全を守ってほしいとの声を届け、このほど両側に鉄柵が設置されました。安全性が飛躍的に高まったと喜ばれています!

実績:石田団地前カーブミラー

石田東団地から奈良街道に出る際に、安全を確認するために設置されているカーブミラーですが、何らかの理由で曲がってしまい危険な状況にありました。行政に市民の声を届けたところ、その日のうちに修復されました!

実績:桃山東小通学路安全対策

桃山東小学校は通学路が急な坂道のため、転倒する危険が大きいと指摘されてきました。このほど正門前の路側帯内の塗装を塗り替えて、安全性を高めることができました。来年度も残りの部分を対応するよう求めていきたいと思います。

実績:外環西尾防草シート

最後は、昨年度に応急措置が取られた箇所の抜本的な対策が実現した報告です。外環と新小栗栖街道の交差点(餃子の王将がある信号)では、信号待ちの空きエリアに雑草が生い茂り、車からも歩行者からも見えにくいので事故の危険が高いと心配されていました。このほど、雑草の高さを抑制する「防草シート」を設置することになり、危険度が大きく軽減されました!

これからも、地域の安心安全のため、草の根ネットワークでコツコツと頑張ってまいります。お気軽に声をおかけください。!(^^)!

市民相談が次々と結実!

2016.01.19 (Tue)
この冬、伏見区内の市民の方々から寄せていただいた市民相談が、数多く結実しています。代表的なものを紹介します。

小栗栖小階段スロープ工事完成

まず、小栗栖小学校近くの段差地域の安全対策が大きく進みました。地元の方からご要望が寄せられた階段スロープ工事が完成したのです。写真のように階段の片側がスロープになりましたので、手押し車を使う高齢者や子育て中のお母さんたちが喜んでおられるとのこと。ホンマに良かったです。(o^^o)

160105桃陵中北側に街灯新設

また、桃陵中学校の北側の暗い道を明るく照らす街灯が新設されました。写真が逆行なので暗く見えるかもしれませんが、先日お会いした地元の方から、「ホンマに明るくなりました」と感謝の言葉を頂戴しました。こちらこそありがとうございます!

160105外環沿いの事故現場の安全対策

外環の栗陵中学校前の交通死亡事故現場では、横断禁止の鉄柵が正式に設置されました。これは、昨年の夏に谷口前議員から引き継いだ案件なのですが、山口府議とのタイアップも功を奏して、本格的な鉄柵が完成したのです。この大きな前進は、何よりも地域の安心安全に汗を流す関係各位が声を上げ、様々なご尽力を積み重ねた賜物です。心から敬意を表します。

151212桃山南口~団地の丹後橋通り街灯LED化

最後に紹介するのは、桃山南学区で地域団体の中心的に活動しておられる方から寄せていただいた安全対策。桃山南口から桃山南団地までの丹後橋通りの水銀灯がLED化されたのです。明るくなっ他との声をお聞きしホッとひと息です。

これからも、地域の安心安全のため、全力で頑張っていく決意です。お気軽に声をおかけください!

市民相談が結実!

2015.12.05 (Sat)
嬉しい報告です。このほど、大受団地の方から寄せて頂いていたご相談が実現しました。

151205大受団地1棟側ベンチ修復後-1  151205大受団地1棟側ベンチ修復後-2

1棟側の山科川遊歩道に設置されている木製ベンチが朽ちて危険な状況であったのが、見違えるくらい綺麗に修復されたのです。安全が大きく前進しました。

151205大受団地1棟側ベンチ修復前-1  151205大受団地1棟側ベンチ修復前-2

修復前の危険な状況の写真と比べると雲泥の差です。けが人が出ても不思議ではなかったくらいですから、修復が実現できて本当に良かったです。これからも、地域の安心安全のため頑張りますので、お気軽に声をおかけください!

伏見区の通学路安全対策が前進!

2015.10.26 (Mon)
このほど、桃山東学区の通学見守り活動をしておられる方から寄せられたご相談が解決しました。

151025桃山東実績ー鉄板  151025桃山東実績ーグリーチング

登校中の児童が転倒しやすくなっている鉄板に滑り止めが施されたのです。また、曲がり角のグリーチングも滑りにくい対応策が実現し、大変に喜ばれています!

151011いわたの森団地街灯

もう1つ、石田小学校周辺の街灯が暗いとの声を届けたところ、数ヶ所の補修がされたので、見違えるように明るくなりました。本当に良かったです!

これからも地域の安心安全に貢献できるよう、全力で頑張ってまいります。お気軽に声をおかけ下さいねっ (o^^o)
 | HOME |  Next »