吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

日々の活動 の記事一覧

京都難病連定期総会で挨拶

2017.05.17 (Wed)
5月14日午後1時から社会福祉会館で開催の「第7回NPO法人京都難病連定期総会」に公明党市会議員団を代表して参加し、ご挨拶させて頂きました。

170514難病連総会1

これには、民進党や共産党の国会議員や市会議員が参加していましたが、わが党からも竹内ゆずる京都府本部代表(衆院議員)と私がスピーチ。

170514難病連総会2

私からは、公明党京都市会議員団が、線維筋痛症はじめいくつかの難病患者会と個別で意見交換会を設けて、貴重な生の声をお聞きした上で、市政に反映するとともに、国の政策決定に意見を届けてきた経緯を紹介。

170514難病連総会3

あわせて、自身の身近な体験を通して、難病と闘う患者と家族の大変さを痛感していることを述べ、口先ではなく現実に寄り添って貢献していく決意を発表しました。

定期総会終了後、多くの来賓が退席しましたが、私はその場に残って3時からの勉強会に参加。難病患者会の皆さんと一緒に障害者差別解消法について学びました。研鑽することは大事ですよね。

その際、ヘルプマークが京都府内では正式に採用されて公共交通機関で使われてはいるものの、他府県では議会での議決がないために、近鉄や京阪など京都以外を走行する電車では貼られていない実態が明らかになりました。今後の大きな課題と実感。

地域に根を張った草の根ネットワークの公明党らしく、横の連携で情報交換していきたいと思いました。

2017年をスタートダッシュ!!

2017.01.04 (Wed)
2017年、あけましておめでとうございます。

170101元旦

元旦は京阪桃山南口駅前の早朝街頭からスタートした後、支援組織の新年の会合にお邪魔し、参加者にご挨拶させて頂きました。たくさんの方々と笑顔でお会いでき良かったです。

 170101百人一首

何件かの市民相談をお受けした後は、夕方から家族5人で上京区の実家へ。百人一首で盛り上がりました。子どもたちが逞しく成長し、おっちゃんおばちゃんは押されっぱなしでしたが、楽しいひと時を過ごしました。(o^^o)

170102新春街頭

2日午前は、地下鉄石田駅前、醍醐支所前、地下鉄醍醐駅前の3ヶ所で、元気一杯に新春街頭演説を敢行。たくさんの方々から手を振って頂きました。ありがとうございます。2017年の3が日はポカポカ陽気。爽やかなスタートを切ることが出来ました。勇気凛々、やる気満々でダッシュしてまいります! (o^^o)

170104仕事始め

そして、4日は仕事始め。新年挨拶回りでダッシュした後は市役所へ向かいました。少し疲れが残ってるので車ではなく電車にしました。年末年始に寄せて頂いた市民相談の対応やびっしりたまった政務調査が長引き、夕方までかかってしましました。体もしゃっきっとしてきました!今年も何かと忙しいですが、賢明に、そして懸命に、力強く頑張っていこうと思います。(^o^)/

門川市長に政策提言を提出

2016.02.23 (Tue)
2月23日午後、公明党京都市会議員団11名は門川市長を訪れ、「京都市におけるオープンデータの利活用の推進に向けた提言書」を手渡しました。

160223オープンデータ提言提出

議員団が年間テーマを決めて研鑽を重ねた具体的政策を提出するもので、今年は最新のICT技術を活用して情報社会の行政サービス向上を、様々な角度から考察しました。

160223政策提言表紙

自分で言うのも何ですが、今回の提言はレベルの高いものになったと自負しています。 (o^^o) 関心ある方は後日アップしますので是非ご一読ください。

2月7日、京都市長選挙大勝利を目指して!

2016.02.06 (Sat)
1月24日告示、2月7日投開票の京都市長選挙。いよいよ大詰め、クライマックスです。

1602門川市長選顔写真

私は3期目に挑む現職かどかわ大作候補の支持母体である「未来の京都をつくる会」演説部の公明党責任者として、1月27日に伏見区パルスプラザで開催の「政談演説会」と、2月5日に四条烏丸のシルクホールで開催の「かどかわ大作個人演説会」の運営に携わりました。

1602門川市長選パルスプラザ

両会場とも、立ち見の方で溢れるくらいの大盛況でした。寒い中を市内各地からご参集下さった公明党員さんや支持者の皆様に、心より御礼申し上げます! また、伏見区の会場では壮年・婦人・青年党員さんが役員として支えて下さり、感動の連続でした。ありがとうございます。

投票日2日前の個人演説会では、山田知事が風気味の体調を顧みずに出席し、「国や府と敵対して孤立する京都市になれば活性化がダメになってしまう」とわかりやすく語り、地方自治のビジョンを持つ「かどかわ候補」勝利を論じました。

1602門川市長選個人演説会遠景

そして、竹内府本部代表の挨拶の後に駆けつけた、かどかわ候補が火を吐くような勝利の決意を叫ぶと、参加者の皆さんから絶大な拍手が! 凄い気迫に感動です。

1602門川市長選個人演説会斉藤

候補の両手を高々とあげて激励した斎藤鉄夫幹事長代行が、「京都市の活性化のリーダーはかどかわ候補しかありません。ラスト2日、公明党の執念の戦いで勝利の決定打を!」と訴えると、満員の皆様から爆発的な拍手が鳴り止みませんでした。

1602門川市長選確認車 1602門川市長選選挙カー

2週間の選挙戦、私は計3回街宣カーに乗車し、かどかわ支援を訴えました。1月31日は1時間半マイクを握りっぱなしで区内を一巡。「かどかわ候補と一緒に選挙カーで伏見区内をダッシュした2月3日は、ベランダや車の中から、たくさんの方々に笑顔で励まして頂きました。また、わざわざ玄関から出て握手もして下さり、感動で胸が一杯です。

1602門川市長選事務所当番夫人と 1602門川市長選事務所当番

また、期間中に選挙事務所の当番任務を2度担当させて頂きました。たくさんの市民の皆さんや関係団体の方々がお見えになり、かどかわ候補の人格を目の当たりにしました。候補夫人が来られた際には、あつかましくもツーショットをお願いし快くOK頂きました。温和で謙虚な素晴らしい人柄の方です。(o^^o)

1602門川市長選大手筋

かどかわ候補は、人なつっこい笑顔の気さくな人柄。働きながら夜間大学で学んだ苦労人です。世代や立場を超えて分け隔てなく接し、決して偉ぶらない方で、他都市に自慢できる市長です。大阪市会議員の方が「京都市長は大阪と比べて目立たないが、行政手腕は比べ物にならないくらい素晴らしい」と感嘆していました。

看板の問題も四条通りについても、京都市100年の大計に立脚した「ビジョン」があります。現実の様々な修正は必要ですが、反対のための反対をしたところで何が変わるというのか!――と思います。 

高度成長期を経たバブル経済が崩壊し、時代は激動の乱世です。かつて田中角栄が「よっしゃ、よっしゃ」と陳情をさばいて利権を配分していたような時代ではありません。一極集中の中央集権ではなく、地方が自立してそれぞれの特性を利かして活性化を図る「地方創生」を進めることが重要であると確信します。

もし万が一、頑迷固陋な中央集権志向の共産党が推す人物が市長になったら、京都の行財政改革はとん挫し、経済活性化が停滞してしまいかねません。かつての蜷川府政のように、国や周辺自治体と「敵対」して「孤立」する道を歩まざるを得ないのです。

そのような事態に陥らないため、2月7日の京都市長選挙に必ず勝利しなければならない、そう強く決意して頑張ってまいります!

※なお、演説会の会場では撮影禁止のルールをお願いしましたので、「未来の京都をつくる会」オフィシャルの画像を許可を頂いて掲載しています。ご了承下さい。(o^^o)

ライオン街宣でダッシュ!

2015.12.05 (Sat)
12月5日は朝10時から夕方5時まで広報用街宣車よしだッシュ号の助手席でマイクを握り、ウグイス嬢ならぬ“ウグイス男”として区内を駆け回りました。名付けて「ライオン街宣」。11月14日に雨をついて敢行した第1回目が好評だったので、第2回目にチャレンジしたのです。

151205ライオン街宣

ドライバーとして午前と午後の2人の壮年党員さんが担当して頂きました。本当にお疲れ様でした。「こういう試みは凄く良いです!」と興奮気味に語ってくださいました。ありがたいです。

玄関から出て来て下さったり、団地のベランダなどからも、たくさんの方々が手を振って頂きました。本当に嬉しかったです。まだまだ無名のルーキーですので、これからも貪欲にひた向きに頑張ってまいります!
 | HOME |  Next »